和道アドバンス開催報告 首へのアプローチ


和道クラス施術編アドバンスクラスが開講

こんにちは。マザーズオフィスの戸張です。今月6/5(月)に和道クラス施術編アドバンスクラスが開講になりました。遠方からもお越しいただきありがとうございました。

6月のテーマは、「首へのアプローチ」でした。今回も和道ならではの、身体の捉え方やアプローチがたくさんありました。首の不調といっても原因は様々。ただ単に「同じ姿勢で長時間パソコンをやっていたから…」というだけでなく、顎関節との関係、腰椎1番、目の酷使、自律神経やホルモン、ストレス、他にも足の親指とも関係するので靴が合わないことが理由で首に不調が出ることもあるとか。不調の現れ方も左右に動かすのがしんどいのか、上下に動かしにくいのか。場所も上部が辛いのか、下部なのか。因に寝違えは、冷えの影響もあるので足浴をしてしっかり汗出しを行うことも大切だそうです。原因も違えばもちろんケアすることも変わって来ます。たった10〜20㎝の部位だけど頭部と体を結ぶ場所。あらゆるものが影響しまくっていました。

出来るだけ首に触れずにケアすることの大切さ。

首の疲れや不調を訴える方が多くいらっしゃる一方で、デリケートな部位でもありケアの仕方は慎重になります。宮川先生は、出来るだけ首に触れずに遠隔から(例えば、足からとか)ケアすることの大切さを伝えていました。その方が安全に行えるし、首だけの問題ではないから。首をケアする為に下肢ストレッチや上肢ストレッチを行ったり、頭部や耳部からアプローチをしたり、今多くの人に当てはまる目の酷使による首の不調。首のケアとして眼の温湿布を行ったり、頸椎・胸椎・腰椎1、2、3番際にある目の各反射区に触れていったりと盛り沢山の内容でした。今回も不調が現れているのは、体の一部であっても体は1つで全部が繋がっていることを痛感する時間でした。

次回のテーマは、生殖器から見る身体です。

宮川先生の帰国を待って、9月の開催を予定しております。生殖器=生きる根本です。いわゆる婦人科系の不調だけではなく、40肩、血圧、免疫、脳、神経…さまざまな問題を生殖器の観点から見てきます。アンバランスになっている身体に対して生殖器からも捉えてあげないと片手落ちになるケースを多く見られます。生殖器系が整うことは、身体全体が整うことに繋がります。少し先の開講になりますがご参加をお待ちしております。

和道クラス  施術編アドバンスクラス  9月期月曜 9/11(月)10:00-16:00(スタジオ)

対象:和道施術編、またはリズミカルボディセラピーレベル2アドバンス修了者

 

和道無料説明会

  • 7/4(火)10:00-12:00 第2教室
  • 8/26(土)10:00-12:00 第2教室

和道クラス 身体の見方&ホームケア編 

  • 7月期土曜 全5回 7/22、29、8/5、19、26 10:00-16:00 第2教室
  • 9月期集中 全5回【前期】9/16,9/17,9/18【後期】10/8,10/9 10:00-16:00 第2教室

2017-06-29 | Posted in 和道Comments Closed 

関連記事