出産予定日を過ぎても。。。


皆様こんにちは、マザーズオフィスの大山です。

今日は成人の日でしたね。中野サンプラザ前、たくさんの成人の皆さんで溢れかえっている中、四半世紀以上前の自分の成人式を思い出しました。20年前に産声をあげた赤ちゃんたちも立派になられて、親御さんたちも一安心と言ったところでしょうか。

わたしも妊婦さんのトリートメントを始めてからもうすぐ20年になるのですが、印象に残っているのは、予定日を過ぎても生まれない、という妊婦さんの施術です。そしてなぜかそのような方のほとんどが、予定日が過ぎてからの初来店です。破水していたり陣痛が始まっていない限り、体調が良い時はいつでも、マタニティタッチ(R)トリートメントを受け付けています。

お産に向けた体の準備がまだできていない感じの方、体づくりはできていて、あとは赤ちゃんを待つだけという方、様々で、どうしても今週中に産まないと4月から保育園に入れない!!という緊迫した状態の方もいらっしゃいますが、トリートメントが終わると、

「こんなに気持ちが良いのだったら、もう一回来たいので、来週出産でも良いかも。」

と次回の予約をされてお帰りになります。

お産に向けた体づくりは、早い方がもちろん良いですが、その時点から初めてでも決して遅くありません。

日の出とともに起きること。毎日お散歩をすること。目を使わない生活をすること。

そして、赤ちゃんの生まれてくるリズムを待つこと。

この、、「待つこと」、というのがとても大切で、身体の変化を待つ、生まれてくるのを待つ、子どもの成長を待つ。成人するまで続くのかなあと思います。これはもう大変なことですよね!

マタニティタッチ学科、実習クラスでは、「どのように待つか」ということも考えていきます。

わたしたちもセラピストとして、お客様の出産や産後の回復をどのように待つか、ということもテーマになっていきますね。

1月から始まる授業がとても楽しみです。

マタニティタッチ(R)スクール

 

 

 


2018-01-08 | Posted in マタニティタッチComments Closed 

関連記事