2月にロミロミエッセンシャルが始まります!


 

 

こんにちは、マザーズオフィスの大山です。毎日寒いですね。

11月に大盛況だったハワイの自然療法を教えてくださった、ロミロミスクール「ハレロミロミ オ ケカイマリノ」のケカイ麻里子さんが2月に来日され、マザーズオフィスでは初めての、ロミロミのクラスを開催していただけることになりました。
私自身も昨年の4月にハワイでこのクラスを修了して施術をスタートしたばかりで、まだまだ先の道のりは長く、勉強することがたくさんあります。

 

ロミロミをなぜ学ぶのか

今日は、なぜ私がロミロミを学んでいるのかを改めて少し考えてみました。

どんどん数え切れないくらいの新しいボディワークやヒーリングが次々と生まれている今、なぜ、私は1000年以上前から伝えられてきた(古い)ものを学んでいるのか?ずいぶん前からロミロミを学ぶこともできたはずなのに、私はなぜ今なのか?

考えているうちに、なぜ、このロミロミは長い年月が経っても生き残っているのか?という問いが新たに生まれて来ました。そこで、今まで学んだ事を思い出してみました。

講師のケカイ麻里子さんの講義は、ハワイの歴史や自然療法のお話を、実習の時間が許す限りたくさん盛り込んでくださいます。大学でしっかりとハワイの事を学んで来られた方だからこそ、日本人から見たハワイ、ハワイアンから見たハワイ、両方の視点からのお話ががすごく面白くて、もっと知りたいと思いました。

「全体的な何か」の力

古代のハワイアンは、人間と自然そして神々の存在との距離が密接で、住んでいる地域はそれぞれが一つにまとまり、調和を大切に暮らしていたそうです。
人々の身体や考え、暮らし方にも、自然の持つ力を日常に感じられた事、また文字を使用せず、ロミロミの創始者はこの人、というような特定の人物も残されていない事などから、個人を超えた時代の何か、大きな存在の中で生まれたものであり、だからこそハワイの代表的な癒しの方法としてとして、古代から今も残っているのではないかなと思いました。
その大きな存在とは何か、私には言葉にするのがまだ難しくて、「全体のようなもの??」という言葉しか思い浮かびません。

ロミロミを学んでから、トリートメントをしている時には、この「全体的な何か」が、時間や空間を超えて、たくさん集まってくるような感覚が強くなって来ました。私はその何かと共に、ロミロミだけでなく、色々なことを共有していきたいな、と思います。
あれ??最初の問いからちょっと外れてしまいましたが、今の私には十分な答えが出ました。

 

2月期ロングライフロミロミエッセンシャル入門

そして!来月、ケカイ麻里子さんがまた、日本にいらっしゃいます。ロミロミの技術はしっかり、そしてハワイの事、セラピストとしてもとても大切な事も伝えてくださると思います。

2月期ロミノホ、ロミロミエッセンシャル入門ともに、まだまだお申し込みを受け付けておりますので、ぜひご参加ください!

どうぞよろしくお願いいたします!

ハワイの自然療法 ロングライフロミロミ

ロミノホ 2/4(日)10:00-17:00  スタジオ

ロミロミエッセンシャル入門 2/5-7(月-水)10:00-17:00  スタジオ


2018-01-16 | Posted in ハワイの自然療法Comments Closed 

関連記事