精油の化学とホリスティック医療


「他者」にアロマテラピーを伝えること

先日、久保田先生の「もっとわかりやすく そして役立つ精油の化学」「ホリステッィク医療のアロマテラピー2」クラスが揃って最終日を迎えました。全く内容の異なる講座ですが、共通するところは「自分」でアロマテラピーを楽しむ範囲を超え、「他者」にアロマテラピーを伝える際の実践的なスキルをグーンと深めてくれる点です。

 

◉久保田先生よりメッセージ

私が最もお伝えしたい二つの講座「もっとわかりやすく そして役立つ精油の化学」と「ホリステッィク医療のアロマテラピー2」のクラスが、先日終了しました。

 

なぜ、私がこのクラスを大切にしているかというと、アロマテラピーを他者に紹介したり、施術したりする者にとって、精油の安全性に関する知識は必須のものだからです。そこをないがしろにして、相手に不利益を与えることは、あってはなりません。

そして、日本にはさまざまな立場のアロマテラピーがありますが、ホリスティックなアロマテラピーは、西洋医学を補うものとして、これからますます注目されるからです。

そんな二つのクラスを、同日の午前と午後に配置した今回の授業。お一人だけ、その両方にご参加でした。その方のご感想「自分が楽しいこと、癒されることをやって皆さんに広めていきたいと思います!」を拝見すると、私の意気込み(!!)がちゃんと伝わっているようで、とてもうれしくなっているところです。

この二つのクラスはこれからも開講されます。なぜ、久保田がここまでこだわるのかを聴きにいらしてくださいな。お待ちしています。

 

もっとわかりやすく そして役立つ精油の化学

4月期集中 全1回 4/13(金)、14(土)10:00-15:00 第2教室

ホリスティック医療のアロマテラピー1

3月期土曜 全1回 3/3 10:00-12:30 第2教室

ホリステッィク医療のアロマテラピー2

3月期土曜 全3回 3/10、24、31 10:00-12:30 第2教室


2018-02-13 | Posted in アロマテラピー, ホリスティック医療Comments Closed 

関連記事