万能オイル ひまし油


学んで、作って、使って、身体も心地良くなるベースオイル塾

 

先日、ベースオイル塾が開催されました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。毎回1つの植物油について丸々2時間学んでいきます。今回のテーマは、カスター(ひまし)油。万能オイルとは、聞いていたけれど想像以上の使い道がありました。デトックス、筋肉、脊柱、関節、粘膜、肌、目の不調、産後ケア、ヘアケア、スリミング。。。上げればキリがないほど。そして体への働きかけが大きい分、注意事項もしっかりと知っておく必要がありました。担当するのは安達先生。お話を聞いているだけで、早く試してみたい!使いたい!とウズウズしてきてしまいました。

蜂蜜のようなトロトロとした触感のカスター油。講座の中で、その保湿力を肌への作用に止まらず、まるであたたかい何かに「包まれている感」「守られている感」「幸せ感」と表現される安達先生に植物油愛を強く感じました。

 

こちらは、カスター油+重曹を混ぜてスクラブを作り、肘に塗っている実習中。洗い上がりは、ツルツルなのにしっとり。

 

こんなお声をいただきました。

“先生のサロンでの導入方法など知識を惜しみなく伝えてくださって感謝しております!”
“少し遠い存在だったカスター油はとにかく一家にひと瓶、どんな場面でも役立つ頼もしい物なのだと言うことがわかり、使うのにワクワクします。”

 

丁寧に書かれたアンケートに目を通されながら安達先生が、
「クラスでは、本を読んだだけではわからない実践的なお話しを出来るだけ伝えたいと思っているから、サロンワークやホームケアに活用していただけるようで嬉しい。。」と。その想いは今回もしっかりと参加いただいた方に届いたようです。

 

こちらは、実習で作ったカスター油入りしっとり蜜蝋クリーム。お土産としてお持ち帰りいただきました。ご帰宅後も、幸せ感を味わっていただけると嬉しいです。

2018-04-23 | Posted in 基材&手作りComments Closed 

関連記事