アクセスバーズの効果


 

アクセスバーズ

 

バーズセッションを受けて気づいたこと

アクセスバーズの効果について、セッションを受けるなかで気づいたことを書き留めてみます。

 

しばしばアクセスバーズは頭の断捨離とか、脳のデトックスなどと言われ、頭に優しく触れることで、頭の中にある余分な思い込み、いらない記憶を取り去ると言われています。

 

確かにセッションを受けた後は、頭がスッキリします。以前にFacebookで「頭の中をペパーミントの風が吹いている感じ」なんて、コメントしましたが、余分なものがなくなって頭の中がスッキリ、スペースが広がった感じがします。

 

それでは、それが永遠に続くのかというと、そうではありません。いつもと同じような毎日を過ごしていると、やがて頭にたくさんのものが詰まってきます。

 

ところが、何回かセッションを受けるうちに気づいたことがあります。セッション後しばらく経つと、余分なものも入ってくるのですが、同時に頭の中に軽さを感じるようになりました。

 

 

頭の中の軽さ

考え、思考などには軽さや重さがあるって想像できますか。同じテーマを考えていても軽く感じるときと、重く感じるときがあります。重く感じるときは、往々にして余分な情報・感情・思いをたくさんぶら下げてしまったときです。

 

軽く感じたときは、ただそのことだけをシンプルに考えているときです。

 

その時、「これは癖だな」と思いました。つまり、いつの間にか何かを考える時にいろいろな情報をぶら下げて考える癖、習慣、パターンが出来上がっていたのです。

 

アクセスバーズは、頭のなかにある余分な情報、思い込みを削除するのと同時に考え方そのものにも影響を与えるようです。

 

つまり重く考える癖やパターンを手放して、軽く考えること、シンプルに向き合うことが自分の中に起きてきたのです。もっともこれは、子どものころ(小学校入学前でしょうか)の自分です。かつて自分も、そうであったことに気づいたという感じです。

アクセスバーズにはいろいろな可能性があると思いました。画像はいつもお世話になっている藤野アートヴィレッジのあっくん&アゲ猫さんです。(中安)

 

関連ページ

 

 


2018-05-30 | Posted in アクセスバーズComments Closed 

関連記事