軽くなるロッキングテクニック


 

ロッキングテクニック

 

心地よく揺らして体を整える

ロッキングテクニックは、心地よく揺らして体を整えるボディワークです。このテクニックの面白いところは「軽い」ということです。

 

押さえるのでもないし、伸ばすのでもない、何かをつけ加えるのでもなければ、何かを変えるわけでもないです。

 

ロッキングは体にある余分な固さ、緊張、抵抗を手放すことから始まります。心地よく、しかも抵抗の内側で揺らすことで、余分なものを手放します。

 

そうすると体は軽くなります。

 

 

水の要素を思い出す

揺れることで体は水の要素を思い出します。体のおよそ60%は水ですから、体にはもともと水の質感、動き、機能があります。

 

水の要素を思い出した体には波紋が広がります。心地よい波の動きです。なので、ロッキングを行うときは、揺らすだけでなく、そこに波の感覚を持つこと大切です。それは柔らかな動きが伝わる感覚です。

 

同じ水でもいろいろです。泥のような水もあれば、さらさらとした水もあります。ロッキングを通して、重さよりも軽さを選択することで、体は軽くなってきます。

 

もちろん体は物質界にある存在なので、軽くなりすぎて消えるなんてことはないと思いますが、より物質として軽い質になることは可能かなと思います。

 

瞑想はこれからの世界のキーワードの1つだと思います。その瞑想と共に体を軽くすることは、瞑想をサポートする1つの方法だと思います。そのように思うとロッキングは面白いボディワークです。

 

 

関連ページ


2018-06-08 | Posted in ロッキングテクニックComments Closed 

関連記事