ロッキングのサイドワーク


 

 

横向きで行うロッキングテクニック

 

ロッキングテクニックにはサイドワークがあります。サイドワークは横向きのポジションで行うセッションです。

 

横向きのポジションで行うサイドワークはうつ伏せ、仰向けと比較するといろいろな違いがあります。その違い、特徴をご紹介します。

 

その1 動きやすい 揺れやすい 伝わりやすい

サイド(横向きのポジション)は、うつ伏せなどと比較すると受け手の体が床(マッサージテーブル)に触れている面が少なく、床からの抵抗が少ないため、体は動きやすく揺れやすいという特徴があります。つまり、体の中をロッキングの揺れ、その波が伝わりやすいのです。

 

その結果、肩を揺らして、離れた腰や足をゆるめるということが簡単にできます。離れた場所から、遠くに働きかけることには意外なメリットがあります。それは体を伝う波は、体を伝わりながら、それぞれの部位を調和させながら伝わるということです。波が伝わるために均一性が必要なのです。伝わることそのものが体を整えるということです。

 

その2 解放された肩と胸、そして骨盤

サイド(横向けのポジション)になって気づくことは、天井側の肩、胸(胸郭)、骨盤がどこにも触れることなく解放されているということです。例えば天井側の肩(特に肩甲骨)はマッサージテーブルに触れることなく解放されています(制限されていません)。

 

この状態で肩に自由な動きを提案し、不要な頑張りもなく、肩そのものが解放されるようなロッキングの動きを提案することは可能です。これは実際に受けてみるとかなり心地よい感覚です。体が何の制限もなく動く体験だからです。

 

その3 クッション サポート

このクラスでは、受け手の体を特別な方法で支えます。サイド(横向きのポジション)は、それだけでは不安定なので、クッションを使って体を支えます。この時の支え方は、体を捻る(固める)ことなく、ただ体がそこにあるように支えることがコツです。

 

この方法で支えるとまるで雲に浮かんだような感じです。体のどこにも抵抗がなく、最小限の努力で体が横になっている訳です。これだけでもかなりリラックスです。そしてそこに心地よい波の動きを送るわけなので、体はただその波を受け入れることになります。

 

いろいろなボディワークのなかでもサイドワークは特徴のあるワークです。私自身はサイドワークだけで、全身を行う場合もありますし、うつ伏せや仰向けのセッションの途中で、肩の部分だけをサイドにしてセッションを行うことがあります。つまり通常のうつ伏せなどのワークとの組み合わせです。

 

サイドワークは首や肩、腰が固い方、うつ伏せが苦手なお年寄り、お腹が大きくなった妊婦さんなど様々な可能性があります。加えて、精神的なストレスからセッションを受けることへの抵抗感を持った方にもサイド(横向きのポジション)は、胎児のイメージする姿勢のためか、抵抗感なく、リラックスして受けていただくことができます。

 

さまざま可能性を持ったサイドワーク、皆様のもう1つのメニューに加えてください。

 

関連ページ

 


2018-06-17 | Posted in ロッキングテクニックComments Closed 

関連記事