ジェルベース塾 誕生のきっかけ 久保田先生と対談


◉クラス誕生のきっかけを担当の久保田先生と対談形式でお届けします。

 

司会: 久保田先生、この講座を開催したい!と思われたきっかけを教えください。

久保田: きっかけは「アロマテラピー講師になろう」という講座を開催したときです。 多くの生徒さんから、 「講師になりたい、まわりの方にアロマテラピーの魅力を伝えたい。 …という思いはあるけど、一歩が踏み出せない」 という声が聞こえてきました。 インストラクタークラスを卒業された方なんて、知識量はすでに十分なのです。 でも、勇気が出ない。 その方たちを応援するクラスを行いたい、と思いました。みなさん、できることはたくさんあるのに、それに気づいていないだけ。 ですから、「ほら、できることはたくさんありますよ!」と教えてあげたいです。 さらに、先輩講師として、ちょっと偉そうに言うと、講師になるには、もちろん心得もあります。 でも、何よりもの近道はその基材なり精油なりをどんどん使って、 「これってこんなにいいんだ・・」と自分が納得してしまうこと。 そうすると、まわりの方に気負いなく「ねえ、知ってる?これってすごいんだよ!!」と伝えたくなるのです。

司会: それが講師の第一歩ですね。

久保田: そうなのです。 そのための具体的な作戦を見つける講座をしたいと思ったのです。 ですから、まずは前半で、ジェルベースの魅力をとことん探りましょう。

 

人と人が織りなす空間で行われる講座は、毎回が真剣勝負。

久保田: 私は、ジェルベースを使った初心者向けのアロマテラピー講座をかなり行っていて、 毎回、ご参加の方には、大満足していただいています。 ですから、先輩インストラクターとして、講座が間違いなくうまくいく作戦をお伝えできますよ。

司会: 鉄板ネタということですね。それだけ成功体験があるのは嬉しいですね。

久保田: もちろん、私もさまざまな試行錯誤を重ねて、やっと今に至りました。 ですから失敗談もこっそりお伝えしましょう。 人と人が織りなす空間で行われる講座は、毎回が真剣勝負。 だからこそ、その準備もやりがいがあります。 貴重な時間とお金を費やして、期待を抱いてわざわざおいでいただくみなさんに、 いかに「来てよかった」と言ってもらえる講座を作るか… いかに面白い講座にできるか… いかにオリジナリティを出せるか…. 本当にいろいろ考えに考えて、準備に準備を重ねて、調べに調べて、みなさんの前に立つ訳です。

 

講座を受けた次の日から、レッスンができるようになってほしい。

久保田: この講座は、「いい話を聞いたなあ」という感想で終わらせたくないです。 講座を受けた次の日から、レッスンができるようになってほしい。 ですから、講義の心得や、備品リストも紹介したいと思います。 教材セットとしてジェルベースとオイルのセットもつけました。 みなさんが気づいてないジェルベースの魅力を、じゃんじゃんお伝えしていきたいと思います。

司会: そして、その『ジェルベース塾』がそのままデモンストレーションにもなる訳ですね。

久保田: そうです。 ジェルベースの使い方の理屈がわかって、 一層ジェルベールが好きになって、 どんどん、誰かに話したくなる講座です。

司会: ありがとうございました。 教室で、サロンで、ショップで、ボランティアで。 「知ってる?アロマテラピーって、すっごく良いものなんですよ!」と伝えていただきたいですね。

ジェルベース塾+アロマテラピーの教え方おしえます

  • 7月期月曜 全1回 7/23 10:00-15:00 受講料 14,660円
  • 実習でお使いいただく教材セット付きジェルベース75g /カレンデュラオイル15ml /プラスチック容器
    00500100000620030060000013pra

2018-07-17 | Posted in アロマテラピー, 基材&手作りComments Closed 

関連記事