マザーズオフィスの睡眠のクラス



皆さんこんにちは、マザーズオフィスの大山です。

暑くて寝苦しい夜が続きますね。皆さんは心地よく眠れていますか?

先日、世界の母子(乳児)の睡眠時間が日本は最短レベルである、というデータを目にしました。

そしてこれは問題!となる前に考えます。

この結果の背景には、それぞれの国の子育て文化や慣習が関係していると感じます。

赤ちゃんが夜通し起きずに眠るよう躾をしている国、生まれた時から親とは独立した部屋で寝る文化を持つ国と、夜間授乳をしている国、常に家族が一緒に寝ている国では、それは睡眠時間に差が出るだろう、ということはわかります。そして、昼間の睡眠時間を考慮しているかどうかはわかりませんでした。

私は、ただ時間、長く睡眠をとれば良いというものでもなく、その時の身体のリズムに合った睡眠の質、が大切なのではないかと思います。

自然療法学校マザーズオフィスでは、いくつかのクラスでそれぞれのテーマに合った睡眠についての授業をしています。座学だけでなく、睡眠のための実技クラス(アストラルスリーピングクラス)も開催予定です。

 

健康学の上での睡眠について    アロマテラピーインストラクタークラス

女性の月経リズムと睡眠について  リズミカルボディ(R)セラピーレベル1

産前産後と赤ちゃんの睡眠について マタニティタッチ(R)学科クラス
                 産後の自然療法、手当てクラス

深い睡眠のためのトリートメント  アストラルスリーピングクラス

 

それぞれのステージや、人の身体の自然に合った眠りをサポートできるようになりたい!と思う方はぜひ、マザーズオフィスにお越しください。


2018-07-25 | Posted in クラスComments Closed 

関連記事