ロッキングは膝で揺らしましょう


 

ロッキングは膝で揺らす

 

ロッキングテクニック、心地よく、楽に揺らすには

心地良く揺らして、身体を整えるロッキングテクニック。クラスでは、ときどき「手と腕はなるべく使わないように。」と伝えています。

 

それでは手と腕の役割は何かというと、身体がつくったロッキングの揺れの動きを伝えることにあります。

 

身体がつくるロッキングの動き、その動きは下半身からです。しかし下半身といっても意識したいのは〝膝〟です

 

以前は「ロッキングの動きは足で作りましょう」と伝えていたのですが、そうすると足ばかりを意識して、揺れと足の動きがバラバラになってしまうなんてこともありました。

 

そこで、最近では「動きを足で感じるように。」「リズムを膝で感じてみましょう。」と伝えています。

 

〝動かす〟というよりも〝感じる〟程度の方が全身との一体感が出るようです。

 

ロッキングテクニックは服を着たままでも、オイルトリートメントの一部にも、そして寝ても、横向きになっても、座っても、床の上でも行うことができる便利なテクニックです。

 

クラスには初めての方でも、経験者の方でも役立つ学びがあります。今年の秋はロッキングテクニッククラス1イスで行うロッキングテクニック、そして練習会を企画しています。

 

リクエスト開催ならばサイドワーククラスロッキングテクニッククラス2も可能です。みんなで身体を揺らしてリラックスしましょう。

 

関連ページ

 


2018-09-16 | Posted in ロッキングテクニックComments Closed 

関連記事