イスで行うロッキングテクニック


 

イスで行うロッキングテクニック

 

イスでも全身を揺らすことができます

このプログラムは、ロッキングテクニックのクラス1の授業中にリクエストをいただいたことがきっかけです。

 

普段はマッサージテーブルや床で行うことの多いロッキングをイスでもできるようにということでした。だいぶ前にボディワーク系のフェスのようなところで、手足のロッキングは行ったことはありましたが、腰や背中、首なども含めた全身のプログラムは初めてでした。

 

実際に行ってみると、いつものプログラムのほとんどができることが驚きでした。特に下肢の仰向けはほとんど可能です。

 

同時にマッサージテーブルとは異なる点にも気づきました。

 

イスとマッサージテーブルとのちがい

ひとつは骨盤に上半身の大部分の重さがかかっていることです。だからと言って安定しているという訳ではありません。座っている状態では、上半身はあらゆる方向に動くという可能性があるからです。もちろん下方向以外ですが。

 

くりかえしイスを使ったセッションを行ってみると、下から上に波を送るというのが意外と効果的なことに気づきました。つまり骨盤側面あたりに手を置いて、そこをハンドルにして腰や背中に波を送るのです。この波は腰の深部や脊柱に働きます。ここでも波を送るコツは小さな動きから、探るように行うことです。

 

あともうひとつ、イスで行うロッキングテクニックの特徴は上肢(肩から手)のプログラムが、下肢とはずいぶんと印象が変わることです。うまく説明できないのですが、下肢はどちらかといえば肉体的な感じ、上肢は精神的というか、より自由度が高まるためか繊細なワークになってきます。

 

たぶん、マッサージテーブルの場合よりも固定されている部分が少ないために、波を送ることにより注意が必要なことと、重さをより感じやすいためでしょう。

 

少し技術的な話が続いてしまいましたが、実際は受けるとすごく気持ちいいです。試しに下肢を片方だけ受けて、そのまま歩いてみましたが、右足と左足の感覚がまったく変わり、ロッキングした足だけが軽くふわふわと動いて笑ってしまいました。

 

ロッキングテクニックは着衣のままでも受けることができますし、イスで行うロッキングであれば、場所を選ばず、屋内でも屋外でも可能です。イスも特別なものではなく、どこにでもあるもので大丈夫です。

 

体を心地よく揺らしてリラックスするロッキングテクニックを取り入れてみてください。

 

関連ページ


2018-10-30 | Posted in ロッキングテクニックComments Closed 

関連記事