オイルマッサージ サイドワーク


オイルマッサージ サイドワーク

 

オイルでも横向きのマジック

 

オイルマッサージはうつ伏せ、仰向けなどのポジションで行われていますが、サイドワーク(横向き=側臥位)は、とても有効性を備えたポジションなので、オイルマッサージに携わる方には取り入れていただきたい技術です。

 

サイドワークにはさまざまな特徴がありますが、まずはざっくりと3つご紹介します。

 

サイドワーク、横向きの特徴

その1 開放されている肩
横向きなので、天井側の肩はどこにも触れることなく完全に開放されています。特に肩甲骨は筋肉の海に浮かんでいるような状態です。筋肉が固くなっていても、さまざまな角度から働きかけることができ、上肢を使ったストレッチもとても有効に働きます。

 

その2 側胸部へのトリートメント
意外と忘れがちなのが、側胸部、体の側面へのトリートメントです。これは背中が張るなどの、背中の疲れを訴える方には有効な手段です。サイドワークでは、肩と同様に側胸部も開放されています。広く解放された体の側面へのさまざまなトリートメントや、先ほどの上肢を使ったストレッチも肋骨の固さをゆるめるにはとても役に立ちます。

 

その3 横向き+クッションのリラクセーション効果
サイドワークのクラスでは体を支えるためのクッションの使い方をていねいに学びます。横向きそのものは不安定なので、クッションで体を支えるのですが、バランスよく支えられた時の心地よさは格別です。サイドワークでは腕と足も含めて支えるので、重力による体幹への歪みが少なくなるので、体は解放されます。横向きのポジションで心地よく支えられた体感はサイドワークの魅力の一つです。

 

サイドワークは、男女を問わず、首や腰の固さなどでうつ伏せや仰向けのポジションが苦手な方、お年寄り、そして妊婦さんにとても有効なトリートメントです。

 

これまでマタニティタッチやロッキングテクニックとしてご紹介することが多かったサイドワークですが、とても魅力的なので、多くの方に活用していただきたいと思います。

 

関連クラス

 

 


2018-11-04 | Posted in オイルマッサージComments Closed 

関連記事