11月の香りと色


旬のアロマテラピーとボディケア

こんにちは。旬のアロマテラピーとボディケアのクラスを担当させていただく佐藤です。

昨日、信州は諏訪大社に行き、上社前宮と上社本宮の間の散歩道を歩いて来ました。

山裾に建つ上社前宮から森に足を踏み入れると、なんとも言えない香りに包まれます。
針葉樹だけではなく広葉樹もあるので、豊かな山のふくよかな香りという感じでしょうか。

そして、足元に、頭上に、行く先に広がるのは、
黄色や橙、赤になった広葉樹と、一年通して変わらぬ緑の針葉樹のコントラスト。

 

歩みを進めていくと、大きな桜の木がありました。
桜の葉はもう散っていましたが、背の高い松の木が近くにあり、雨上がりの湿った空気の中、本当に心地よい香りが漂っていました。

松=パインは11月の星座である蠍座の香り。
ああ、ここにも11月があるなあと思いながら、
帰途には鮮やか色づいた紅葉。
蠍座の支配星である火星の赤色を感じたところで、本宮到着です。(※蠍座の支配星は火星の他に冥王星もあります)

JR茅野駅から22,000歩の行程でアップダウンもきつ過ぎず、運動不足解消にちょうどよいかもしれません。
木星の射手座入りのよい記念になりました。

11月の蠍座の話や木星射手座入りのお話もします。

【旬のアロマテラピーとボディケア】
<2018年11月 テーマ:蠍座・肺経>
11月期月曜 11/12(月) 10:30 – 12:30 第2教室

 

 

 


2018-11-11 | Posted in アロマテラピーComments Closed 

関連記事