toggle
2017-03-01

鎌倉アロマサロン リトム

Pocket

鎌倉アロマサロン リトム

施術する側もされる側も、結果がわかりやすく喜ばれる。

リトム

 

◎メニュー

  • リラクゼーションボディ
  • リズミカルボディ
  • 横向きのトリートメント
  • フェイシャルトリートメント
  • フットケア

 

◎主な資格

  • マザーズオフィス認定リズミカルボディセラピスト
  • マザーズオフィス認定マタニティタッチアドバイザー
  • AEAJ認定アロマセラピスト
  • AEAJ認定インストラクター
  • レイキマスター

 

◎参加クラス

  • アロマセラピスト実技クラス
  • リズミカルボディクラス
  • マタニティタッチタッチ実習クラス
  • マタニティタッチトリートメントクラス
  • レイキ

 

リズミカルボディについて

リズミカルボディは、リラクゼーションとしてのトリートメントとは違い、リンパの流れに沿って滞ったものをほぐして流します。

そのため、施術する側もされる側もボディデザインとしての結果がわかりやすく、また喜ばれる手技だと感じています。

施術後あえて聞かなくても「○○回りがすっきりした!」「足の軽さが全然ちがう!」などとお客様から即座にお話ししていただくことも多く、施術前に化粧室に行かれても、施術中にさえまた行きたくる方もいらっしゃいました。

 

サロンでの仕事について

芳香療法としてだけでなく、予防医学や緩和ケアとして自然療法の一端をになうアロマテラピーを確立していきたいと願っています。

そんな私にとって、論理的に展開できるリズミカルボディの手技は本当に習得してよかったと思えるものでした。

質の高いアロマテラピーサロンをめざすためには、精油とキャリアオイルの力だけでなく、手技やおもてなしの部分は日々精進が必要と感じます。

そんな中で、メニューの幅が広がるだけでなく、しっかりお客様の身体と向き合えるようになりました。

 

私自身の変化

「これでいいのかな」と漠然としていたところから、「確実なものを得た」という実感があります。セラピストとしての自信にも大いにつながったと思います。またリズミカルボディで得た知識や手技は、そこで終わることはなく、ますます人間の身体というものが面白くなり、もっと知識欲がでてきます。こんな際限ないのもある意味大変ですかね・・・(笑)

 

メッセージ

私はアロマテラピーの学校そものが好きでした。AEAJの会報なんかで学校の広告をみると、そのキャッチコピーにおもわずうっとりする私です(笑)

偶然通うことになった学校ですが、学ぶことが多く、知識をつめこむだけでない、あるべきセラピストの心の部分を一緒に育ててくれた気がします。

「自然の声に耳を澄ます」
「人間は自然の一部」

こういったことが自分を謙虚にするし、自分に無理をさせない、自分で自分を癒す、といった日常生活にもつながっています。その気持ちがお客様にもつながるといいなあと願っています。

自然が多い鎌倉で、のんびり商売気なく(笑)サロンができている自分の境遇に感謝しています。また、自然のリズムにのっとった生活ができているゆえに、時々都心にでたときの「異常」に体が敏感になりました。

鎌倉に来るせわしない観光客をみても悲しくなる時さえあります。rythmeは、いつか店をもつことがあったらつけようと学生時代から思っていた名前です。英語ではリズム。縁があったのかもしれません。

 

私のオススメスポット

●鎌倉の寺巡り

鎌倉からはやはり寺巡り♡でしょう!

円覚寺の山門、報国寺の竹林での深呼吸、杉本寺の苔、長谷寺の高台…

本当に癒されます。できれば観光客で激混みな時期を外せればなおよい(笑)

●鎌倉西口のスタバ

常連です。

1人の時や気のおけない方との時はテラス席がおススメ。

このお店は、「フクちゃん」で有名な漫画家、横山隆一氏の邸宅跡地に建てられました。

氏の生前、漫画家たちが集まるコミュニティの中心地でもあった邸宅は、氏が愛した桜の木、藤棚、プールなどをそのまま残し、それがいわゆるテラス席となっています。

他のスタバとは一線を画す、くつろげる空間です。

勉強する時にもつかいます。

うちの近所ばかりですが….

関連記事