安心感を伝えるタオルワーク 安達先生より


タオルワークを行う上で大切にしたいこと

2019年1/28(月)新クラス安心感を伝えるタオルワーク 実践講座が始まります。施術中に行なっているタオルワークが受け手に与える影響。その大きさに気づきながら、あらゆる場面でのタオルワークを実践し受け手にとって心地良いタオルワークを身につけていきましょう。担当の安達先生からメッセージが届きましたので、ご覧ください。

 

◉安達先生よりメッセージ

長年アロマセラピストをしていると、アロマオイルトリートメントそのものもさることながら、その合間のタオルワークの大切さを感じます。
セラピストは服を着ていて、自由に動けますが、受け手は裸でベットの上です。かろうじてタオルで身体は覆われていますが、セラピスト次第で恥ずかしい思いをします。

タオルを通して信頼感がないと、なかなかリラックスできません。
ですので、タオル上のファーストタッチからすでに安心感をもたらす触り方を意識したいですね。

 

キーワードは、「安心感」です。

今回のタオルワーク講習では「安心感」をキーワードにタオルワークの講習をしたいと思います。
安心感をもたらす、タオルワークはアロマトリートメント全体の満足度が高くなることと思います。

また今更聞けない、さまざまな場面でのタオルワーク、なんでも聞いてください。
タオルワークが上手になると、ご自身の自信にも繋がりますよ。
この機会に是非お受けください!

 

安心感を伝えるタオルワーク 実践講座

2019年1月期月曜 1/28(月)10:00-12:30 スタジオ 受講料8,640円

座学

  • タオルワークの大切さ
  • タオル選びに関して

実習

  • マッサージテーブルへの誘導の流れ
  • オイルトリートメント前のタオルワーク
  • タオル上からの体への触れ方(ファーストタッチ、ロングストローク)
  • 施術中のタオルワーク
  • 体位変換誘導
  • フェイシャルやヘッドのためのタオルワーク(髪にオイルが付着しないように行うフェイスタオルの扱い方)
  • その他、イレギュラーの場面でのタオルワーク

*実習は、マッサージテーブルを使用し、相モデル形式で行います。オイルは使用せず、受け手は、着衣の状態で行います。


2018-12-07 | Posted in ボディワークComments Closed 

関連記事