明けましておめでとうございます。


 

2019年おめでとうございます。

 

2019年は3の年、軽やかさと思いつきと好奇心。

 

みなさま、お正月をいかにお過ごしでしょうか。私はのんびり、ゴロゴロと寝正月です。それでも元旦には海に出かけて、しばらく波を眺めてきました。

 

繰り返す波の動き、同じように見えても同じ波はひとつとしてない… でも、もしかしたらそこにはある種のパターン、法則があるのかも… などと思いながらも波の持つ力強さ、確実さを受け取ってきました。

 

さて、今年はどんな年になるのか、数秘術で探ってみましょう。

 

数秘的には2019年は3の年

2019という数を2+0+1+9と変換すると12、さらに1+2=3となるので、2019年は3の年です。

 

3は軽やかさと思いつき、好奇心です。さらには多彩な表現、創造性、多様な活動性、そしてコミュニケーション…などなどたくさんのワードが続きます。そんな2019年が、私たちの生活、社会にある3的なものを目覚めさせます。

 

 

個人年数の出し方

数秘術では個人の年数も出します。個人年数を出すのもとても簡単です。

今年の数(2019年は3)+誕生月+誕生日の計算式で出します。それぞれ二桁になったらそれぞれの桁を足して一桁に変換します。ただし、11と22はそのまま変換せずに足します。

 

例えば

  • 1月12日生まれの方は 2019+1+12 → 3+1+3 → 7
  • 10月29日生まれの方は 2019+10+29 → 3+1+11 → 15 → 6
  • いかがでしょうか。分かりづらかったらお問い合わせください。

 

私の個人年数は6です。6は世界に反応すること、思いやり、博愛です。占星術では第6ハウス、乙女座なので、自分の内側を調整すること、整理整頓、技能向上、健康管理…というように実用的なワードが続きます。やはり今年はお掃除がメインテーマになるのでしょうか。

 

個人年数は2019年の3との関連から出てくるので、ホウキさばきも軽やかにお掃除するというのが、今年のより具体的なイメージになりそうです。

 

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
自然療法学校マザーズオフィス 中安一成

 

数秘術クラス

 

 


2019-01-04 | Posted in インフォメーション, 数秘術Comments Closed 

関連記事