体への新たな発見、可能性に出会う


漢方の身体観、天人合一

和道クラスを担当させていただいております、マザーズオフィスの戸張です。
和道には、古代中国から伝わり、日本でも伝承されてきた漢方(東洋医学)の思想がベースにあります。漢方には、天人合一という身体観があります。
日本と同じく農耕民族だった古代中国の人たちが、農作物の成長に大きく影響する天候や自然を注意深く観察していく中で、自然界で起こっている現象が、私たちの体の中でも起こっていることを見出します。例えば熱い空気は上に、冷たい空気は下に下がるように、私たちの体も頭の方が熱くなりやすく、足元が冷えやすい。水は下へ下へ流れるように、体もむくみやすいのは、下半身など、私たちの体も自然の一部で、私たちの体も小宇宙。という捉え方です。

 

変化を上手に通過させる

春は、冬から夏へ大きく季節が変わる変化の時。体調も変化が大きい時です。花粉症に、風邪に、吹き出物に蕁麻疹、下痢に、生活や心も変化の時を迎えている方も多いかもしれません。
変化の時は、バランスを崩しやすく、乗り越えるのが困難な感じですが、その変化を越えた先には、伸び伸びとして、生き生きとした夏のようなたくましさが宿るのかもしれません。
例えばその変化を、薬で抑えることも、もちろん必要な場面もたくさんあります。でも、場合によっては、その変化を上手に通過させることが体を丈夫にすることもあります。古代から伝承されたきた思想を通して、体を捉えることで新たな発見や可能性に出会えます。

 

◎次回スケジュール

和道は、日本の自然観、身体観を通して、大切にして「その人」にとってふさわしい手当て法を身につけていくクラスです。

和道クラス 身体の見方(概論)編    全2回 第2教室

  • 4月期木曜  4/18、25 10:00-16:00
  • 6月期集中  6/21(金)、22(土)10:00-16:00

和道無料説明会 第2教室

  • 5/17(金)14:00-16:00
  • 6/7(金)10:00-12:00

 

写真は、第2教室のお隣さんの桜の木です。花びらを撒き散らし、若葉がニョキニョキ。刻一刻と変化しています。


2019-04-09 | Posted in 和道Comments Closed 

関連記事