梅雨の前にやってきた夏


 

5月期の旬のアロマテラピーとボディケアクラス。

先日、旬のアロマテラピーとボディケアを開催しました。このクラスは月替わりのトピックスを取り上げています。今回は6月にむけて、梅雨どきの湿気や気圧が体調へ与える影響と、それによって生じた不調をどのようにやわらげるかなどが1つのテーマでした。この時期に大切なのは、猛暑にやられない身体を作ること。ゆるんだり、締まったりがきちんとできる心身が基本になります。そのための、身体からのアプローチと精神的・心理的な面からのアプローチについてお話させていただきました。

 

梅雨の前に夏がやってくると身体はどうなる?

今年は梅雨の前に真夏日が続くという例年にない気象です。体調不良を訴える方も多いのですが、こうしたおかしな気候で体調が崩れることは、視点を変えれば身体がきちんと反応してくれているということです。とはいえ、不調がひどすぎる場合は普段無理しているのかもしれません。この機会にご自身の生活や健康状態をチェックするのもおすすめです。私の場合、首の筋肉がガチガチになってしまったので、あれこれ動かしながら自らを実験台にして変化を観察しています。

 

「旬のアロマテラピーとボディケア」6月のテーマ

「旬のアロマテラピーとボディケア」では、アロマセラピストとして施術時やセルフケアの際の、この時期ならではのポイントもお伝えしています。来月は、今月に引き続いて汗によるデトックスと暑さ対策がメインテーマになります。月を支配星にもつ蟹座の時期がやってくるので、月と関わりがあるリズムなども取り上げます。次回の開催日は6月の満月。一緒に楽しいひとときを過ごせると嬉しいです。

 

佐藤恵美子

【旬のアロマテラピーとボディケア】
<2019年6月 テーマ:脾経・蟹座>
6月期月曜 6/17(月) 10:30-12:30   第2教室

 


2019-05-27 | Posted in アロマテラピーComments Closed 

関連記事