産後の自然療法・手当て 母乳ケア編


産後の自然療法・手当て 母乳ケア編レポート

 

昨日、松が丘鍼灸指圧治療室でもお馴染みの佐藤あゆみ先生の産後の自然療法・手当て 母乳ケア編が開催されました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

母乳の出やすい体質?出にくい体質?と不安になる前にまずは、母乳のメカニズムをきちんを知っておくことの大切さ。またあゆみ先生自らの母乳育児や母乳ケアの臨床経験も多く盛り込まれた『母乳で育てるための3つのコツ』では、具体的な授乳の行い方、食事などについてレクチャーされました。その中でもマニュアルに縛られることなく母と子の数だけそれぞれの母乳のリズムがあること、そして母乳を通して母と子が少しずつ歯車を合わせていく様子がとても印象的でした。

 

母乳中のトラブルと自然療法

乳腺炎、白斑、乳首裂傷など起こりやすいトラブルの症状、対処法のお話し。
写真は乳腺炎の時におすすめのキュウレイコン。キュウレイコンは、樟脳や薄荷、乾姜など10種類の天然原料の入った緑色の粉末です。乳腺炎の時だけではなく、鎮痛消炎の目的で神経痛や打ち身などの時にも使える湿布薬。

 

 

キュウレイコンと小麦粉と水を混ぜ、ペースト状にしたものを、手ぬぐいやガーゼの内側に塗り湿布を作りました。乳腺炎で使用するときは、乳首に当たる部分だけ切り抜いた湿布を作ります。
優しく冷やされる感じとともに後から、じんわりと温かさが伝わる心地よい湿布です。

 

授業後半には、現在授乳中の方と赤ちゃんにお越しいただき、あゆみ先生が日頃されている母乳マッサージや整体の様子を拝見できる貴重な時間を過ごしました。産後の方をトリートメントしている生徒さんもご参加されていたため、授乳中の方への施術の具体的なアドバイスもいただけました。授乳中の方、これからの方はもちろん、産後の方をケアするセラピストの方にもおすすめの講座です。

 

マタニティタッチ 学科クラス 10月期がスタートします。
10月期日曜 10/20、10/27、11/3、11/10、11/17、11/24、12/1、12/8、12/15、12/22  10:00-16:00
マタニティタッチ 無料説明会 9/23(月・祝)10:30-12:30

2019-09-02 | Posted in マタニティタッチComments Closed 

関連記事