ロッキングテクニックと体と水 その1


ロッキングテクニックと体と水

 

波を送るロッキングテクニック

ロッキングテクニックは心地よく揺らすことで体にリラクセーション、全体的な調和、整った感覚をもたらします。着衣のままでも、オイルマッサージにも取り入れることができるとても便利なボディワークです。もちろん、ロッキングテクニックだけで全身のセッションを行うことができます。

 

オイルマッサージに携わってきた方がロッキングテクニッククラスに参加したときにこのような感想をいただきました。それは「力を使わなくても良いのですね」です。そうです。ロッキングテクニックはオイルマッサージのような力を使うことはほとんどありません。体に触れてそこから全身を揺らします。揺らすと表現しましたが、もう少し具体的に表現するならば「波を送る」です。

 

ロッキングテクニックは揺らすというよりも体に波を送るボディワークと表現した方が、より技術の質を表しています。

 

ロッキングテクニックでリラックスする理由は?

それではなぜ波を送る=揺らすと体はリラックスして、調和し、整うのでしょうか?そこにはさまざまな可能性がありますが、そのうちのひとつは体のおよそ60%は液体であるということです。水は流動的で、つながりを持ち、柔らかく形を変えます。人体ではリンパ液、血液だけでなく筋肉などの軟部組織、つまり全身に水は行き渡っています。そのため体の動き、質感、機能には水の要素があります。

 

その体に波を送ります。波が広がるように体に働きかけます。波が伝わるということ自体が水の質を表しています。波が楽に、大きく、小さく、自在に広がるようになるほど体は水の質を取り戻します。

 

古代ギリシャの人々は世界を四大元素(火風水地)から観察したといわれています。そのなかの「水」を取り出して見ましょう。水には流れる特徴(流動性)があります。そこには連続して繋がっていく様子、器に応じて形を変える様子を見ることができます。同時に水滴にみられるようにひとつ球体にまとまろうとする様子(全体性)を見ることもできます。

 

水は内側にあらゆるものを溶かしこみ、受け入れて(受容性)、その質感すらも変化させます。粘度が増した水からは、固体のような固さを感じることもあります。そこに波を送るためには、粘度に応じた波の大きさを送る必要があります。

 

そこでロッキングテクニックでは固い体ほど小さい波である方が効果的です。小さな波から始めて、体が水の質を思い出すほどに、波を大きくゆったりとしたものにしていきます。 中安

続く

 

次回のクラス日程

 

関連クラス

 

 


2019-09-21 | Posted in ロッキングテクニックComments Closed 

関連記事