フランクリンメソッド9月 背骨と腎臓編 フォトレポート


自分の体に意識を向ける大切さ

9/26(木)フランクリンメソッドが開催されました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。毎回フランクリンメソッドの最初のワークは、「1分間自分の体を感じる」ことからスタートします。講師の車谷美希恵先生曰く、一番フランクリンメソッドの中で難しいワークとのこと。ただただ感じることが重要。やってみると確かに難しい。ついつい肩が凝ってるとか、重たいとか判断したり、この後用事のことに意識がいってしまったり。フランクリンメソッドが大切にしているのは、まず自分の体に意識を向けること。そのとこが体をより良く変化させるために不可欠だからです。シンプルですが、自分の体に意識を向けることの大切さを体感出来るワークでした。

 

背骨をよりよく使うために、知る。

9月のテーマは背骨と腎臓。今回は背骨のフォトレポートです。背骨は、1本の棒で出来ているのではなく、頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙椎。たくさんの骨(椎骨)からなります。背骨をよりよく使うために、背骨の役割や背骨の動き方などメカニズムから学んでいきました。下の写真は、頚椎、胸椎、腰椎の椎間関節に紙を挟み、それぞれの関節の向き、角度の違いを観察しています。

『背骨』からイメージすること

背骨の聞いて思い浮かべることをそれぞれ言葉すると、腰痛、ストレートネック、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、側湾症、圧迫骨折。。不調や病名が真っ先に出てきました。
逆に理想の背骨のイメージを言葉にするとしなやか、弾力、美しさ、強さ。。面白いことに背骨の不調や病名を言葉にしながら体を動かすのと、より良いイメージで動かすのでは、まるで違う体の感覚。日頃、体に対するネガティブなイメージ、思い込みがどれだけの影響を与えているか思い知らされました。驚きです。多くの椎骨や関節からなる背骨をより良いイメージで動かしていきました。

メソッド終了後は、皆さん仏様のようなほんわかした表情になっておりました。(写真に残せず残念、、)次回のテーマは、背筋です。自分の体に意識を向け、より良いイメージで体を動かしていきましょう。

フランクリンメソッド  10月 背筋 10/24(木)10:00-12:00  A教室  受講料 5,400円

ご参加を心よりお待ちしております。フランクリンメソッドって何?という方も大歓迎です!

 


2019-10-02 | Posted in フランクリンメソッドComments Closed 

関連記事