ロッキングテクニックと体と水 その4


ロッキングテクニックの基本、触れること

 

触れることの基本 探索する

 

「触れること」はマッサージやボディワークの基本であり、技術を行うにあたっての最初の部分です。これはロッキングテクニックの場合でも同じで、揺らして体に波を送るときに、「どのように揺らし始めるか=触れること」になります。

 

ロッキングテクニックはソフトな技術ですが、受け手に「揺らす」という動きを働きかけるので、その意味では能動的な技術ともいうことができます。そのため、技術の最初の部分である「触れること」の質がロッキングの印象に大きく関わります。

 

ロッキングテクニックのクラスでは、「触れること」、すなわちどのように揺らし始めるかを「探索する」という表現で紹介しています。探索するとは未知のものの様子や状態、その可能性を探し求めることです。

 

探索することの技術化 3つの「すること」

それでは「探索する」とは具体的にどのようなことを行うのでしょうか。それは3つの「すること」と1つの「しないこと」があります。3つの「すること」は次のことです。

 

ゆっくり行なう

小さく行なう

好奇心を持つ

 

受け手の体を未知のものと想定して、それがどんなものかを探索するために、様子を見ながらゆっくり揺らします。早い動きでは様子をうかがうことはできません。そのゆっくりの動きは小さく行います。いきなり大きく動かしてしまっては抵抗を引き起こす可能性があります。そして好奇心を持ってゆっくり小さく動かすことで、それらの動きに感覚を広げます。

 

実際にゆっくり、小さく始めることは、そんなにむずかしいことではありません。様子をうかがいながら(好奇心をもって)行えば良いのです。そして様子がわかったら、その様子をもとにロッキングの大きさをきめて波を送ります。

 

ポーズ 体は感じることで変わる

そして最後の1つはポーズ(小休止)です。これは「しないこと」の技術です。ロッキングは数回揺らしたら、受け手の体から手を離し、一歩引いてポーズをとります。ポーズとは何もしない間(ま)です。その時間は1、2秒の時もあれば、数十秒、それ以上の時もあります。

 

ポーズをとる目的は受け手に感じる時間を与えるためです。体は感じることで変わります。そこで波が全身に広がるのを待ちます。響きの時間です。このポーズをとることで、ロッキングの効果は何倍にも広がります。

 

「触れること」の質を高めるためにはいくつもの方法(技術)がありますが、ゆっくり、小さく、好奇心を持って触れることはロッキングテクニックの場合は特に有効です。そして数回揺らしたらポーズをとります。このゆっくり、小さく、好奇心を持つことは、常に技術の初めに行います。セッションの始めではなく、技術のその都度行います。中安

 

次回のクラス日程

 

関連クラス

 

 


2019-10-06 | Posted in ロッキングテクニックComments Closed 

関連記事