ロッキングテクニックと体と水 その8


頭のロッキングテクニック

 

頭と首のロッキングテクニック その2

 

前回の頭と首のロッキングその1では、「頭の重さを感じる」と「頭と脊柱をつなげる」のふたつをご紹介しました。どちらもシンプルですが、頭と首のところでは必ず使う技術です。

 

そもそもですが、ロッキングテクニックとは体を揺らす技術です。それでは体の「何」を揺らすのかというとそれは「重さ」です。ロッキングは体の重さを揺らす技術なので、頭にはたらきかけるときも、頭の重さを感じることが基本になります。

 

前回の繰り返しとなりますが、頭も首もとても繊細な領域です。もちろん体の全てが繊細ですが、特に頭と首には配慮が必要です。無理をせず体の弾力にしたがってください。通常、頭と首に本格的にはたらきかけるのはセッションの後半です。多くの場合、前半からの手足からの揺れで、すでに頭と首は緩み、くつろいだ状態であると思います。初めての方やはロッキングテクニッククラスで指導を受けながら学ぶことをお勧めします。

 

 

頭と首へのアプローチ

 

その1 頭を転がす

 

ボディワークの世界では「ヘッドロール」とか「頭転がし」と呼ばれている技術です。最初に行うのは、シンプルに両手の平のなかで頭を転がすという基本練習です。これは手でつくったカゴの中を頭がゆっくりと転がるという練習です。

 

その前に、仰向けで頭が転がるとは? 立位とのちがい

受け手がマッサージテーブルの上で仰向けになっているときに頭を転がすことと、立った状態で頭を転がすときのちがいは何でしょうか。それは仰向けのときは、テーブルがあるので、後ろの空間を使うことができないということです。その結果、テーブル上では頭をテーブルの面に沿って転がり、ちょうど顎が肩先に近づくような動きになります。

 

 

基本練習 手のカゴのなかで頭を転がす

頭のロッキングテクニック

 

受け手は仰向けです。与え手は受け手の頭のところで、足方を向いて位置します。最初に頭を転がすという動きを確認してみましょう。受け手の頭の一部に触れてゆっくりとテーブル上を転がしてみます。顎が肩先に近づくように転がればうまくいっています。

 

この動きを今度は両手を入れて行います。両手の指を大きく開いて、受け手の頭の後方に差し入れます。ちょうど手指で作ったカゴに頭を納めたような感じです。

 

この状態で、手指のカゴのなかで頭を転がします。頭の重さで転がっていくことを感じてください。コツは全身で行うことです。手や腕だけでこの動きを作らないことです。「手になるべく仕事をさせない」というボディワークのコツがここでも活きています。

 

動きの質は、最初に頭の一部に触れてテーブル上を転がしたことと同じです。ただ、今回は頭の下に手指で作ったカゴが入っているだけです。そして何度もポーズ(小休止)を取ることが大切なことです。

 

いかがでしょうか。文章で説明すると、少々ややこしいのですが、行うことはとてもシンプルで、受け手にとっても無理のない、自然な動きです。この「手のカゴのなかで頭を転がす」という基本練習を十分に習得してください。

 

習得できると、ここから様々な頭と首のアプローチ法が生まれてきます。初めての方はロッキングテクニッククラス1の受講をお勧めします。講師の指導のもとで丁寧に学ぶことができます。

 

 

その2 頭を小さく揺らす

頭のロッキングテクニック

 

二つ目の「頭と首へのアプローチ」はものすごくシンプルです。本当に首がコチコチに固い方はこれだけで十分です。

 

受け手は仰向けです。与え手は受け手の頭のところで、足方を向いて位置します。左右の手指を頭の側面に添えます。この状態で、手指を使って頭を小さく揺らします。本当に小さい動きです。そしてポーズを何度もとります。

 

見ているとほんのわずかな動きですが、実際に受けてみると小さな動きが全身に響きます。ポーズをとると、小さな波が全身に広がって心地よいです。

 

いかがでしょうか。今回は頭と首のロッキング その2として、二つの技術をご紹介しました。頭の重さを感じてみてください。それでは 中安

 

次回のクラス日程

 

関連クラス

 

 


2019-12-28 | Posted in ロッキングテクニックComments Closed 

関連記事