ホロスコープ3重円を読む


 

皆様 2020年 明けましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年始のはじめのクラスは、占星学アドバンスクラスでした。

今日は、占星術の情報をインターネットで見ていたり、読んでもらったりしている時に、

「プログレスの月が。。。。」

「トランシットの冥王星が。。。」

などという言葉をフムフム聞いていたけれど、なんだろう?。。。というみなさんのあたりまえな疑問からのスタートです。

なので、出生図を読む復習から一歩進みまして、その外側にある2つの円と出会いました。

内的な成長を表す進行図。外からの影響を表す経過図。

前回までは、人が生まれた時のホロスコープを見て、「その人自身を読む」ということをやってきましたが、いよいよホロスコープ3重円をみて「時間を読む」という作業に取り掛かります。

今日は、実際に3つの重なったホロスコープを映し出してクルクルまわしながら、あの時自分はこうだった、こんなことがあった、今年、来年の自分は、など、過去、現在、未来を行ったり来たりする初体験をしていただきました。もう出生図が読めるようになっているので、何と無くですが、それを応用することができています。

そうすると、復習的な疑問や、随分先で学ぶであろうことの発見などが、どんどん出て来ます。今期は少人数ながらも、とても積極的に発言や質問が出るクラスで、私自身も話しながら新しい気づきがありますし、まだまだ進化途中ですが、みなさんの「知りたい!」という気持ちが伝わると意欲が湧いてくるという、自分の双子座の部分がムクムクと湧いて来ます。そしてみなさんも、疑問や意見をどんどん出していくことで、いつの間にが力がついてくると思います。

2月もまだまだ楽しく学びます。どうぞよろしくお願いいたします!(大山)

 


2020-01-04 | Posted in 占星術Comments Closed 

関連記事