キューバの統合医療


キューバの自然療法

 

キューバのマタンサス医科学大学教授プラド博士によるセミナー

統合医療の最も進んだ国であるキューバからマタンサス医科学大学教授のプラド博士をお迎えして、ユニークなセミナーを開催します。

医療と教育を全く無償で国民に保障しているキューバではロシア崩壊の後経済危機に陥り病院からあらゆる医療機材や薬の不足を招きました!そこで医師達は、キューバで手に入る薬用植物を研究し、伝統医療や自然療法やホメオパシー・東洋医学・レイキなどを取り入れた統合医療を発達させました。

そして診断方法も、機械を使わず脈診、視診、触診などの技術を駆使して丁寧に患者さんを見ていきます!そしてその中でもドクターPuradoはたった1本の体温計を使って、身体の各部を時間毎に体温測定をすることによって体内の変化や各自の体質や傾向を診る独自の診断方法と、アロマテラピーやハーブを使っての治療により、家庭での健康管理や、重篤な患者さんの治療まで行っています!

彼の独特な科学的、哲学的アプローチと、人望はラテンアメリカに留まらず北米やアフリカ迄届いています。今回はこのDr.Puradoから直接にこの体温測定を基にした診断方法と、アロマテラピーの統合医療を学ぶ事が出来るまたとない機会を皆さまにお伝えしたいと思います。

 

当校の宮川明子のメッセージ

このセミナーは医療関係の方でなくても日常の生活に生かせるようなお話ができると思います。キューバでは地域の人たち、家庭でのケアをとても大切にしていてその方たちができることを指導しています。プラド先生のアプローチは本当に何もないところで自分の体を見たり患者さんの体を見たりしてどんなふうにケアをするかを教えてくれます。自然療法に関心のある方には目からウロコの発想法の発見があると思います。

 

セミナー日程

 

 


2020-02-11 | Posted in 自然療法Comments Closed 

関連記事