ビーチ


 

ビーチ バッチフラワーレメディ マザーズオフィス

画像はwikipediaからです

 

静けさと多様性

 

ビーチ

  • 7つのグループ:他人のことを気にしすぎ/批判的で他人を許せない
  • 英名:Beech
  • 学名:Fagus sylvatica
  • 和名:ヨーロッパブナ
  • 分類:ブナ科ブナ属
  • キーワード:批判的 非難 傲慢 高慢 皮肉 残酷 粗探し 不寛容 狭量 頑な 頑固

 

ビーチがブナだと知ったときに「えっ?」という軽い驚きがありました。なぜなら私がもっているブナのイメージは一言でいえば「静寂」だったからです。ブナはすらりとした高木で、優しい輪郭をもち、樹皮も滑らかで、空から緑の葉を通した柔らかな光が地上に降りてくるといった感じです。それはまさに自然の「静寂」な一場面です。

 

ところが、ブナ、すなわちビーチの否定的なあらわれは「批判的、傲慢、粗探し、不寛容…」

です。物事にはすべて両面があり、特にフラワーレメディの場合は、その否定的な現れを対象としているので、わかっているつもりでしたが、そのギャップに少々驚いたことも事実です。

 

 

すべてのものがもっとよく、もっと美しく…

 

バッチ博士はビーチのフラワーレメディについて次のように記しました。

「自分の周りのすべてのものがもっと良く、もっと美しくならなければならないと感じる人のためのものです。たくさんのことが間違っているように見えても、その中で何か良いことが育っているのを見つけ出す能力を身につけるためのものです。それによって、それぞれの個人が、そしてすべてのことが、それぞれ異なった仕方で最終的な完全さに向かって進んでいることをもっと理解し、寛大で、情け深くなることができるからです。」

『バッチ博士の遺産』トゥエルブ・ヒーラーズ(12の癒し手)とその他のレメディ 完全版より

 

このバッチ博士の説明は他のレメディの説明と比較して、ビーチにとってのポジティブな面、育むべき領域を積極的に示しているように感じます。この説明で印象的なのは「もっと美しくならなければならないと感じる人のためのものです。」という部分です。

 

ブナの林の描写には次のようなものがしばしば見られます。それは「ブナの林に入るとまるで大聖堂のなかにいるような…」というものです。これは高く伸びたブナの林が、大聖堂を思わせる高い緑の天井であり、しかも緑の葉を通して光が地上に差し込んでくるという様子からイメージしたのでしょう。確かにそこには荘厳とした空間の広がりと、光によるおごそかなイメージが広がります。この様子は、バッチ博士が記した「もっと美しく…」というブナ=ビーチと関係があるのでしょうか。

 

 

ブナの林の特徴

 

ブナの生育のあり方をみると興味深い点を見つけることができます。最初に前提として、世界は植物、動物も全体としてひとつの調和のなかにあるということをご理解ください。その上で、ブナの生長のあり方を短期的、部分的にみると、いくつかの点で他の生物に対して抑圧的な影響を与えていることに気づきます。

 

それは他の植物に対するブナの「排他性」です。ブナの木は高く生長し枝を水平に伸ばし、葉を密に茂らして緑の天井をつくります。その緑の天井は他の植物への光を奪いとり、生長を妨げます。ブナの薄い樹皮は温度の変化を敏感に感じとって、他の植物よりも先に優位な場所へと生長の方向を決定します。また落葉樹であるブナの落ち葉は腐敗に時間がかかるという特徴も興味深いところです。このようにしてブナが他の植物の生長を妨げることで、はじめは雑木林だったところが、次第にブナの林へ変わっていくのです。

 

この辺りは同じブナ科のオークが、周囲の多くの植物、昆虫、鳥、動物にたいして住まいなどの生活環境、食糧を提供しつつ生長する姿とは対照的です。対照といえば、オークの根は深く広範囲に広がるのにたいして、ビーチの根は浅く、時には地表に露出し風害に弱いというのも特徴です。植物にとっての根のあり方は、人間に例えればグラウンディングの状態をあらわしているといってもよいでしょう。

 

私たちがレメディを通して、植物のあり方=情報を受け取ったとき、私たちは植物から学びの機会が与えられます。植物のあり方には良い悪いはありません。ただ植物はそのようにして、この世界で調和的に生きているのです。レメディは、学校や本で学ぶのとは異なるチャンネルと通して私たちと繋がり、植物そのもののあり方を示すことで私たちに学びの機会を与えます。

 

 

ブナの林の美しさ

 

バッチ博士のブナ=ビーチについて説明の後半部分にはこのようなことが記されています。

 

「それぞれ異なった仕方で最終的な完全さに向かって進んでいることをもっと理解し、寛大で、情け深くなることができるからです。」

 

ブナの林そのものはとても美しいです。静けさのなかに緑の葉をとおした柔らかな光が差し込み、そこに立つ者には自然界への畏敬の念が広がってきます。ブナはそのような自らが創造した世界をその美しさの「完全さ」に向けて生長を続けているのでしょう。

 

私たちはレメディをとおしてブナ=ビーチのあり方を丸ごと受け取ることができます。それはビーチの持つ肯定的な面です。バッチ博士の言葉を借りるならばそれは「理解し、寛大で、情け深くなること」でしょう。他者に対する多様性を認め、共感し、静けさのなかにある慎み深さを育むことができます。

 

この記事を書いているときにタロットカードの「隠者」を思い出しました。隠者は9番目のカードなので、ひとつの完成形を示しています。そのため何者にも依存することなく。あらゆる立場にもとらわれることなく、静かに探求の旅を続け、自ら精神性を深めます。そのようなイメージがビーチの持つ肯定的な面にも感じることができました。

 

 

 

 


2020-07-31 | Posted in バッチフラワーレメディComments Closed 

関連記事