ヘザー


ヘザー バッチフラワーレメディ

画像はcommons.wikimediaよりです。

 

バッチフラワーレメディ 自己中心的なおしゃべり

 

ヘザー

  • 7つのグループ:淋しさ/話し好きだが、自分のことばかり
  • 英名:Heather
  • 学名:Calluna vulgaris
  • 和名:ギョリュウモドキ
  • 分類:ツツジ科カルーナ属
  • キーワード:社交的 世俗的 おしゃべり 過干渉 感情移入 自己中心的 自己陶酔 自己愛 虚栄心 依存 孤独 寂しさ

 

 

ヘザー 荒野の花

 

書籍によるとヘザーの英名の「Heather」は古代ゲルマン語の「Haithio」に由来し、そこから「Heide(原野、荒野)」、そして「Heather」へと連なったと記されています。たしかにヘザーが広がるヨーロッパの風景はまさに荒野であり、日本ではなかなか見ることのできない風景です。

 

ヘザーの荒野に立った気持ちはどのようなものでしょうか。荒涼、静けさ、孤独、寂しさ…。実際にその場に立つならば、もっと多くの体験があると思います。1933年の秋、バッチ博士がヘザーの荒野に立ったときは何を感じていたのでしょう。

 

ヘザーの花言葉は「自立、孤独、熱情」です。荒野というキーワードから「自立(一人立つこと)、孤独」を連想することができます。同時にヘザーの鮮やかな色彩、荒野でも生き抜く強い生命力、甘い芳香と豊かな蜜には「熱情」というキーワードも当てはまるでしょう。

 

 

バッチフラワーレメディとしてのヘザー

 

バッチ博士はフラワーレメディとしてのヘザーについて次のように記しています。「自分自身の問題を他の人と話し合う必要があると考え、誰かれ構わず、話し相手を常に捜している人のためのものです。長時間独りきりされると、とても不幸だと感じます。」『バッチ博士の遺産』(トゥエルブ・ヒーラーズとその他のレメディ)1936年より

 

ヘザータイプの人。つまりヘザーの傾向が否定的にあらわれている人は、話好きで社交的ですが、常に自分のことばかりを話すことが特徴です。それは自己中心的で、人の話を聞こうとはしません。常に誰かをつかまえて自分自身の素晴らしさ、または自分が抱えた不幸な出来事について話し続けます。

 

このようなヘザータイプの振る舞いには過度な自己愛、虚栄心、人に認められたいという承認欲求、そして他人とのつながりを求める強い思いがあります。

 

 

ヘザーとマウンティング

 

「マウンティング」とは本来、類人猿などの動物が自分の優位性を示すために、相手に馬乗りになることによって上下関係、優位性を示す行為のことをいいました。最近の日本では人間関係においても「自分の優位性を示す」ために行なう行為全般のことをいうようになりました。

 

ヘザータイプの方が、自分中心の会話を行い、自分が常にグループの中心であることを求め、自分に注目と好意を集めようとする試みは、「マウンティング」のあらわれのひとつとしてみることもできます。

 

ヘザータイプの人は自分中心の会話によって、自分が話題の中心人物となり、他者より上位であること(マウンティング)を示そうとしますが、実はヘザータイプの人は、話を聞いてくれる聴衆が必要であること、皆の注目を欲していることなど、強い強制力ではなくどちらかといえば間接的な試みであることに気づきます。それゆえヘザータイプの人がもっとも恐れることは「無視・拒絶・否定」です。おしゃべりという自分の試みが無視されたとき、彼らは「仲間はずれ」という孤独感に陥ります。

 

 

ヘザーの肯定的なあらわれ

 

ヘザーはゴースと同時期に発見されました。どちらの植物も丘陵地に一面に広がる姿が印象的です。そこからこれらの植物のもつ情報のひとつに「全体性」という要素があるように思えます。全体とは、そこには自分という存在もあり、相手(他者)という存在もあるということです。

 

ヘザータイプの人が「全体性」という意識をもつことによって自分を認め、相手も認めるようになります。楽しい会話の場でも、相手の話に耳を傾けることよって、相互のコミュニケーションも起こってくるでしょう。そのような会話では、相手も豊かになり、自分自身の存在も豊かになってきます。

 

もともとヘザータイプの人には「人に認められたい」、「人から愛されたい」いう思いがあります。ヘザーの傾向が否定的にあらわれている時には、その思いは一方的なものとなりますが、ヘザーの傾向が肯定的にあらわれてくると、その思いは全体へと広がり、人を認めることで自分自身も認められ、人を愛することで自分自身も愛されるという相互の関係へと広がります。

 

 

内にこもった熱

余談ですが、植物療法ではヘザーは「リウマチや関節炎に有効なハーブ」として紹介されています。モーリス・メッセゲの『メッセゲ氏の薬草療法』には、「ある日、リウマチで体がきかなくなってしまい、どういう方法でもよくならないという男の人が私のもとにやってきました。そこで私はその人を、文字どおりこの植物にすっかりゆだねてみました…」という記述があります。

 

「この植物」とはヘザー(エリカ、和名:ギョリュウモドキ)のことです。『メッセゲ氏の薬草療法』ではヘザーの浴用剤のことを紹介しています。この記事を読んだときに、「リウマチは体の内側に熱がこもった状態(熱を発散できない)であり、本式に風邪(熱を発散)を引くと回復の可能性がある」を思い出しました。これは以前に私が学んだ東洋医学からです。

 

ヘザータイプの方が、他人を支配したいと思いつつも直接的な力の行使ではなく、自分への注目によって他人との関係をつくろうという試みは、ある意味で屈折した力の行使、つまり「内にこもった熱」ではないかと思いました。

 

 

 


2020-09-03 | Posted in バッチフラワーレメディComments Closed 

関連記事