知っておきたい薬の知識 低用量ピル 受講生の声と久保田先生からのメッセージ


それぞれの立場での薬との付き合い方

6月、7月、8月と開催された知っておきたい薬の知識 低用量ピル講座。受講後にいただいたアンケートをシェアすることで、それぞれの立場での薬との付き合い方がお伝え出来るのではと考え、ブログでご紹介することしました。たくさんのお声を、連載形式で数回に分けて更新していきます。担当の久保田泉先生からのメッセージも、ぜひご覧ください。

 

受講生の方の声

◉低用量ピルにもさまざまな種類があることを初めて知りました。少量で体に大きな作用をもたらすホルモン剤だからこそ患者さん自身もきちんとした知識をもって服用することが必要なお薬だということがわかりました。

 

◉ピルについての基礎知識から添付文書の読み解きかたまで理解することができ、ピルに対する理解が深まりました。サロンのお客さまや自分の娘がもしピルについて迷んだときにそのかたが納得して、自分らしい選択をしていけるようしっかりとした知識をもとにいっしょに考え、サポートできる存在でいられるよう勉強を続けていきたいと思いました。有意義な時間をありがとうございました!

 

◉昔から、風邪を引けば卵酒を飲まされたり、あまり病院に縁がなかったので、薬に対してはできるなら飲まなくて済ませる。という生活でした。ピルに関しては、避妊のイメージだけでしたが、薬というだけで抵抗がありました。しかし、月経困難症などほんとにつらい人の助けになる。用量の違いや飲み方など、知らない事をたくさん教えていただけて良かったです。

 

◉ 久保田先生がおっしゃっていたように、本当につらいとき、必要なときは、お薬の力をありがたくいただく。大事ですね。何事もバランスって大事です。それから、28日の周期でホルモンバランスを保っているわたし達の身体ってすごいんだなと改めて思いました。

 

◉ 若い方にも知っていただき、自分の身体を大切にしてほしいと思います!娘と息子がいるので、必要なタイミングでピルの存在や今日教えていただいたことをうまく伝えられるといいなと思いました。

 

久保田先生からのメッセージ

今まで「知っておきたい薬の知識」をシリーズで行ってきました。今回は、低用量ピルです。
言葉自体はよく耳にするのに、どういう薬なのかがよくわからない。
避妊薬のことかを思っていたら、月経痛に悩む友人が飲んでいる。
「あれっ?」と思いながらも、ついついそのままに・・・
「どうして飲んでいるの?」と、尋ねにくい気持ちもありますよね。
というわけで、大切なのは、あなた自身が低用量ピルについて知ること。
たとえ、低用量ピルに無縁でも、女性ホルモンが成分のこの薬については、女性ならぜひ知っておいていただきたいのです。この知識は、あなたにきっと役立ちます。

 

次回開催スケジュール

知っておきたい薬の知識 低用量ピル

10月期木曜 10/8 10:00−12:30  (オンライン)


2020-09-04 | Posted in 女性の健康, 講習会Comments Closed 

関連記事