横向きのロッキングテクニック


横向きのロッキングテクニック

 

ロッキングテクニック サイドワーク

 

ロッキングテクニックは体を揺らすことで、体のバランスを整え、心地よいリラックス感を得るボディワークです。ロッキングテクニックはうつ伏せや仰向けだけでなく、横向きの姿勢でも行うことができます。この横向きのロッキングテクニック=サイドワークの特徴を三つご紹介します。

 

横向きのロッキングテクニックの特徴

 

その1 どの方向からも触れることができる肩

サイドワークでは天井側の肩は床(マッサージテーブル)に触れていません。そのため肩はどこにも固定されることなく解放されています。サイドワークでは、肩をあらゆる方向から揺らすことができ、動きをさまたげられることなく、さまざまな方向からのロッキングが可能になります。

 

 

その2 解放されている背中=胸郭

サイドワークでは肩と同じように背中=胸郭も解放されています。そのため背中の背骨から肋骨へのアプローチが容易になります。しかも体の側面から触れることができるので、背中のリラクゼーション、疲労快復に役立ちます。

 

 

その3 揺れが広がりやすい横向きの姿勢

横向きの姿勢は、受け手の体が床に固定されている面が少ないため、体が揺れやすく、ロッキングの波が全身に広がりやすいことが特徴です。例えば、肩や首から全身を揺らすこと、足から全身を揺らすことが容易にできます。

 

 

クッションでつくる横向きのリラクゼーション

 

サイドワークのもう一つの特徴はクッションワークです。横向きの姿勢はうつ伏せなどと比べて不安定なため、受け手の体をクッションで支えます。このときのクッションの使い方には独特のものがあり、バランスよくクッションで支えると、まるで浮かんでいるような体感があります。これもサイドワークの魅力のひとつです。

 

 

サイドワークに向いている人

 

サイドワークはどなたにも受けていただくことができます。特にお勧めなのが、うつ伏せや仰向けの姿勢になれない方、長い時間は難しい方です。たとえば妊娠中の方、首や腰に疲れが溜まっていて長く同じ姿勢をとることができない方にもサイドワークは向いています。

 

  • うつ伏せでは首がリラックスできない方
  • 長く仰向けになっていると腰や足がつらくなってくる方
  • 妊娠中の方

 

クラスはリクエストにても開講しています

通常の開講日程以外にもリクエストによりクラスを開講しております。最低の開講人数は2名からです。現在は定員4名の少人数クラスにて開講しています。詳しくはリクエスト開催のページをご覧ください。

 

 

関連クラス

 

 

 


2020-09-04 | Posted in ロッキングテクニックComments Closed 

関連記事