クレマチス


 

バッチフラワーレメディ クレマチス

画像はwikimediaよりです。

 

バッチフラワーレメディ 空想癖 不注意

 

クレマチス

  • 7つのグループ:現実への無関心のグループ/空想癖、不注意、上の空
  • 英名:Clematis
  • 学名:Clematis vitalba
  • 和名:センニンソウ、シロブドウセンニンソウ
  • 分類:キンポウゲ科 センニンソウ属
  • キーワード:夢見がち 理想主義 想像力 自己喪失 不活発 現実逃避 無関心 冷淡さ 死への憧れ

 

書籍によるとクレマチスは「空想癖、不注意、上の空」な状態のためのレメディといわれています。このような記述をみると、子どものころから空想の世界に浸っていた私からすれば「夢見がちなことも悪くないよ」と少々クレマチス状態にシンパシーを抱いてしまいます。

 

しかしながら、実際には夢が現実化することは素晴らしいことです。そういう意味ではクレマチスは地に足をつけて、夢の現実化をサポートするレメディと言えるでしょう。特に芸術的な活動の場ではそのような力が必要です。つまり「美しいもの」を観る、聴く、触れるためには「美しいもの」を現実化する取り組みが必要だからです。これは「美味しいもの」を実際に味わうことができる料理の世界も同じです。

 

 

クレマチスとは バッチ博士の言葉

 

バッチ博士はフラワーレメディとしてのクレマチスについて次のように記しています。

 

「夢見がちで、眠そうで、きちんと目覚めていなくて、人生に余り興味がない人のためのものです。物静かで、自分が現在置かれている状況を心から幸せだと思えず、現在よりはむしろ、未来の中に生きています。つまり、自分の思っていることがそのうち実現し、もっと幸せになれると考えています。人によっては、病気になっても全く、あるいはほんのわずかしか良くなろうとする努力をしません。そして時には、死後の世界が現世より良いように考えたり、また先立ってしまった愛する人に再び合えるかもしれないと考え、死ぬことさえも楽しみにします。」

 

『バッチ博士の遺産』(トゥエルブ・ヒーラーズとその他のレメディ)1936年より

 

クレマチスタイプの人。つまりクレマチスの傾向が否定的にあらわれている人は、空想癖や夢見がちの傾向を現実逃避のために用いています。そのため日常生活では注意力が散漫になり、集中力が低下し、自分自身を維持するために必要なことすらもおろそかになってしまいます。やがては周囲の人々や出来事にも無関心となり、現実との繋がりが一層薄らいでしまいます。バッチ博士が述べたように自分が患った病気への関心も低下して、やがては死後の世界に憧れすら持ってしまいます。

 

これはクレマチスの傾向が否定的にあらわれてしまった場合です。肯定的なクレマチスタイプは空想やファンタジーなど目に見えない思考や感情、意志などを具体的な事物、作品、行動へと繋げることができます。しかし、それが否定的にあらわれるとその傾向が現実逃避へと向かってしまいます。

 

 

クレマチスの植物として特徴

 

バッチ博士のレメディのうち初期に発見されたレメディは植物の形姿とレメディの作用に繋がりが深いようです。植物の形姿にはその植物にとっての情報が表現されています。

 

クレマチスの花

クレマチスにも多くの特徴がありますが、ここでは花とつる(茎)について取り上げます。クレマチスの花は白く、無数の雌しべと雄しべが直線的に広がる姿が印象的です。バッチ博士が行なった植物観察では、花の色にも注意を向けています。例えばインパチエンスの場合は赤色ではなく、薄紫色であることが明確に述べています。

 

クレマチス以外にも白色の花から抽出されるレメディは、ウォーターバイオレット、チェリープラム、スターオブベツレヘム、ホワイトチェストナットなどがあります。これらはどれも意識が内側に向いていることが特徴的です。

 

薄紫色のインパチエンスとバーベイン、青色のチコリーとセラトー、赤紫色のセントーリーとヘザー、赤色のレッドチェストナットなどは他者へ関心を向けるレメディです。

 

クレマチスの花のことでもう一つ興味深いことは、この花には花弁がないことです。花弁にようにみえるものは萼です。「花」とは植物にとっての変容の姿であるとすれば、花弁を欠いたクレマチスの花はまだ変容に至っていないことを象徴しているのかもしれません。

 

この「変容」という点では、クレマチスの花が直線的な印象であるのに比べて、茎はつる性(曲線)であることは興味深いです。クレマチスの花は曲線から直線へと変容しつつある途上ともいえるでしょう。

 

 

つる性の植物、クレマチス

クレマチスの植物としてのもう一つの特徴はつる性植物であることです。クレマチスは他の植物にもたれるようにして成長します。「自立性」ということで言えばクレマチスは、自立性が欠けた植物だと言えます。人間との関連で見ると、人間にとっての自立性は「私=自我」のあらわれです。他者に対して「私」を示し、自分で考えて行動することです。

 

人間の「私」と関わりが深いのは人間が直立方向を行うようになったからだという考えがあります。つまり直立することで血液が上下移動するようになったことです。多くの動物が四つ足歩行のために血液が水平に移動していることと比べるとこれは象徴的なあらわれです。

 

これは血液が上下移動することは目覚めにつながることを示しています。同じ人間でも横になっている姿勢、または睡眠状態のときには、目覚め(「私」)が希薄になることとも関連づけることができます。

 

このようなあらわれはクレマチスのつる(茎)が曲線=水平的であり、花が直線的な印象をもっていることと重ねてみると面白いです。クレマチスの花は水平から直線への変容を象徴しているのでしょうか。

 

 

年齢によって変化するクレマチスのはたらき

 

ルドルフ・シュタイナーの人間の七年周期によれば、第1・七年期(0歳から7歳)と第9・七年期(56歳から63歳)には鏡映(鏡写し)関係があるといわれています。誕生から7歳までの第1・七年期を夢の中で生きる年齢域とするならば、56歳からの第9・七年期は霊的な成長を育む年齢域です。二つの年齢域で共通しているのは広い意味での「夢」、または「形にならない何か」との関わりです。

 

それに対して21歳から42歳の時期(第4から6・七年期に当たる時期)は、身体は十分に育ち、実際的な活動力が高まる年齢域です。特に33歳6ヶ月の頃が最も身体性、いわば現実性、地上性が高まると言われています。

 

簡単にいってしまえば小学校に上がる前までは、夢のようなぼんやりとした状態から徐々に目覚め始め成長へと向かいます。身体的に成長した30代、40代は地上に根ざして現世的な仕事に関わります。50代後半から60代を越えてからは、そろそろ現世的なこだわりを手放して、自己の存在の拡大(精神的な成長)に向かうということでしょうか。

 

このような視点から見ると、クレマチスの「夢の現実化、創造性の現実化」という役割もそれぞれの年齢域によって変わってくるといえます。

 

まだ幼いころは急いで目覚めることはないでしょう。家庭のなかで少しずつ現実感が育ってきます。30代や40代の人たちはしっかりと目覚めて現世的、実利的な方向に向かうとよいでしょう。50代後半から60代以降の方は、現実を見据えながらも、広がりつつある精神性を実感するような体験が必要になると思います。

 

このようにみるとクレマチスの「夢の現実化、創造性の現実化」も年齢によって少しずつ変わるといえます。「現実化」とは単に物質化や表面的な整合性、論理的であればよいというのではなく、それぞれの年齢域、また個人にあった「現実化」がありうるということです。このようにクレマチスはそれぞれの人にあった「現実化」をサポートするレメディです。

 

 

 

 


2020-09-23 | Posted in バッチフラワーレメディComments Closed 

関連記事