エルム


 

バッチフラワーレメディ エルム

画像はWikimedia Commonsからです。

 

バッチフラワーレメディ 責任の重圧

 

エルム

  • 7つのグループ:失望と絶望/責任の重圧に苦しむ
  • 英名:Elm
  • 学名:Ulmus procera
  • 和名:オウシュウニレ セイヨウニレ
  • 分類:ニレ科
  • キーワード:責任感 自己不信 疑い 弱気 不安 戸惑い 憂鬱 消耗 衰弱 疲労 動揺 繊細さ 落胆 無力感 集中力の欠如

 

 

エルムとは バッチ博士の言葉

バッチ博士はフラワーレメディのエルムについて次のように記しています。

 

「良い仕事を行い、自分の人生でなすべきことを追求し、何か重要なことをしたいと願っていますが、それはしばしば人類のためになることです。しかし、自分がやろうとする仕事が余りにも難しく、ひとりの人間の能力を超えていると感じる時には、気落ちしてしまいます。」

『バッチ博士の遺産』(トゥエルブ・ヒーラーズとその他のレメディ)1936年より

 

 

人類のために働く無私の人

バッチ博士が記したエルムの説明で注目すべき点は「人類のためになること」という記述です。38種のレメディの解説を見渡してもエルム以外に「人類」というワードが出てくるレメディはありません。

 

たとえばオークは「人を助けること」ことに関心を持っていますが、それは周囲の人々であり、チームの仲間が対象です。そのほかにはワイルドオートの「人生への野心」、セントーリーの「他の人に尽くす気持ち」、そして7つのグループの「他人の幸せを気にしすぎる」に収められた5つのレメディの多くは他者への強い関心を示しています。

 

しかし、オークを始めとして「他者への関心」を示すレメディはあるものの、エルムのようにストレートに「人類のために働く」という大きな視点を示すレメディはほかには見当たりません。そこにはエルムタイプの人が持つ気高さ、崇高さが感じられます。

 

もちろん「人類」といってもスケールの大きさだけを意味するのではなく、そのような意識のもとで行う仕事や生活、人生への取り組みを示しています。たとえば子どもたちに接する教師、医療の最前線に立つ人々、チームリーダーなどです。彼らは個人の利益よりも全体的な視野をそなえ、無私の姿勢、利他的なあり方で取り組んでいます。

 

 

調和の乱れたエルム

このようなエルムタイプの人々が何らかの理由で調和が乱れると、「気高く、崇高な」仕事への取り組みが大きな負担となります。それは責任の重圧、課題の重大さとなり、自己の能力への疑いと不信が生まれ、やがてそれは憂鬱さ、無力感へと陥ります。

 

このような人々は、もともとは有能で献身的に仕事に取り組む人たちです。過去において実績を示し、新しい課題を果たすだけの能力がありながら、ある時からその重圧に苦しみ、疲労感が増し、精神的にも危機を迎えることになります。

 

この様子はニレ立ち枯れ病に感染した植物としてのニレの木(エルム)が、病原菌の広がりを防ぐために、自ら水や樹液の循環を妨げて、感染部位より上を枯らせてしまう現れに重なってきます。ニレ立ち枯れ病に感染したエルムの様子は、まるでエルムタイプの人が陥る自滅的な混乱、バランスの乱れのようにも思われます。

 

 

水星の植物 エルム

バッチフラワーレメディ エルム

画像はWikimedia Commonsからです。

占星術では、エルムは水星の力を受けた植物と言われています。地球からみた水星の動きは素早く変則的な動きであることから、水星が示す力は自在な動きによる変則性と変化に対する適応性です。その力はエルムの生長のあり方にも見ることができます。

 

それは多くの植物が葉・花・種子の順番で展開するのに対して、エルムは花・種子・葉という順番であること、また多くの植物の葉形が対称であるのに対して、エルムの葉は左右非対称でありながら不思議なバランスを保った葉形であることなどです。そのほかにもエルムには30メートルほどの大木になる可能性を持ちながら地下茎によって繁殖すること、ジグザクに伸びる枝、風にのって飛ぶ発芽しづらい種子の存在など、水星的な変化、変則性が随所に見られます。

 

ギリシャ神話では水星はヘルメス・メリクリウスの星と呼ばれ、ヘルメスは商業と旅の神、医師と学者の神と呼ばれたことは、水星が持つ変則性と適応性のあらわれでしょう。このあたりはエルムの生長の変則性と多くの近縁種があることなどにも繋がって興味深いです。

 

 

ルドルフ・シュタイナーの「人類の典型」像

人類の典型

『新しい建築様式の道』ルドルフ・シュタイナーより

昔、読んだ『新しい建築様式の道』という本のなかにルドルフ・シュタイナーが製作した木像「人類の典型」のことが取り上げられていることを思い出しました。この像はドルナッハの第1ゲーテアヌム時代に製作され、第1ゲーテアヌムの焼失後も残り、現在では第2ゲーテアヌムに置かれているそうです。

 

この本の中では、この木像について「人間が人生において平衡を保つためにいかに正しくその進むべき方向を定めうるかを彼は示している」と述べられています。それは対極的なはたらきかけであるルシファーとアーリマンの間で平衡を保つ人間の姿です。

 

ルシファーは天上的な存在で柔らかく温かく精神的な存在です。その対極にあるアーリマンは地下的な存在で硬く冷たい物質的な存在です。人間はその間で双方の力を得ながら平衡を保って成長します。興味深いことはこの木像がニレ科の木で作られていることです。

 

 

レメディとしてのエルム

責任の重圧に苦しんでいるエルムタイプの人が、エルムを用いることによって、地に足がつき、全体的な視野が復活して、自分自身の置かれている状況を正確に見ることができるようになります。その状況とは仕事の詳細、自分の能力への評価、ペースとエネルギー配分、周囲の協力関係などです。自分に対しても課題な要求を課すことはなくなるでしょう。

 

そしてもともと備えている全人類的な視点が復活して、全体の平衡を目指し、変化に対しては多様な適応力をもって柔軟に対応することができるでしょう。それは水星の力、ヘルメス・メリクリウスの知恵と能力のあらわれです。

 


2020-12-01 | Posted in バッチフラワーレメディComments Closed 

関連記事