ロッキングテクニックの質問をいただきました2 手の離し方


ロッキングテクニック

 

ロッキングの手の離し方

ロッキングテクニッククラスで質問をいただきました。それは「揺らしているときの手の離し方は?」です。

なるほどと思い、自分がロッキングしていることを思い出してみました。そのときにどんなことが起きているのか、何を感じているのか、そしてそれがその後にどのように繋がっているのかです。

 

余韻を感じる

何気なくやっていることですが、揺れている体から手を離すとき、手はその揺れを感じながら離れます。別の表現をすると、「余韻を感じながら手を離す」、「離れつつあっても手は揺れている(そんな思いの中にいる)」という感じです。

 

ポイントは「揺れ(動き)を止めないこと」です。体から手を離すことはロッキングを止めることではありません。

 

余韻は受け手の体に広がっています。それは与え手も同じです。だから揺れは止まることなく続いています。ここで鍵となる言葉は「余韻」です。ロッキングの揺れは手を離したときも「余韻」となって広がっています。目に見えないほどの動きであってもそれは続いているのです。

 

 

体を離れてもその動きの中にいる

質問への回答は「余韻を感じながら手を離してください。手を離すことはロッキングを止めることではありません。ポーズの時も同じです。目に見えなくてもその動きの中にいてください。そしてその動きと共に次のところを触れてください。」です。

 

関連クラス

 

 


2020-12-10 | Posted in ロッキングテクニックComments Closed 

関連記事