ゲンチアナ 落ち込み


バッチフラワーレメディ ゲンチアナ

画像はcommons.wikimediaよりです

 

 

 

 

 

 

 

バッチフラワーレメディ 落ち込み 憂鬱

 

ゲンチアナ

  • 7つのグループ:内心の不確かさのグループ/すぐに落胆して気持ちが動揺する
  • 英名:Gentian
  • 学名:Gentiana amarella
  • 和名:ゲンチアン
  • 分類:リンドウ科チシマリンドウ属
  • キーワード:疑い 信頼の欠如 落胆 動揺 失意 失望 狭い視野 憂鬱 悲観的 落ち込み 意気消沈 一喜一憂

 

 

バッチフラワーレメディとしてのゲンチアナ

バッチ博士はフラワーレメディとしてのゲンチアナについて次のように記しています。

「容易に落胆する人のためのものです。病気の時や日々問題を抱えているときに、少しずつ状態が良くなって来ていても、回復がちょっと遅れたり、障害が起こったりすると懐疑的になり、すぐに気落ちします。」

『バッチ博士の遺産』(トゥエルブ・ヒーラーズとその他のレメディ)1936年より

 

 

慎重な植物 ゲンチアナ

植物としてのゲンチアナの生育史をみて気づくことは「慎重さ」です。この植物は二年草です。発芽後の1年目はロゼット葉を形成して冬を越します。ロゼット葉はタンポポによく見られる葉の形で、葉が地面に貼りつくように放射状(バラの花型)に広がるものです。このロゼット葉は光を十分に受けとり、冬の寒さをしのぎ、動物から食べられてしまうことを防ぐ植物の工夫です。そして花はゆっくりと時間をかけて2年目に咲きます。

 

もうひとつゲンチアナの「慎重さ」のあらわれは花の開閉運動です。植物によっては開花後に花弁が開いたままのものと、花弁が開閉するものがあります。この花弁を閉じたり開いたりする運動のことを「傾性運動」と呼びます。傾性運動は気温の変化、光の増減など様々な要因があるようです。ゲンチアナの場合は、日差しがあるときに開き、曇り日には閉じます。なぜ開閉が起こるのかというと、それは受粉のための昆虫の活動時間に合わせるためや、雑菌などの増殖を防ぐためと言われています。

 

さらにもうひとつです。多くの植物は受粉後に花弁を落とすことが多いのですが、ゲンチアナの場合は受粉後も花弁と萼が残り種子が成熟するまで覆いとなって保護すると言われています。これも種子を守ろうとする「慎重さ」のあらわれでしょうか。

 

 

慎重さと疑い

慎重であるということは、その内側に何かを達するための目的と可能性、ビジョンを持っていることを示しています。目的を定め、それに合わせて用心深く、慎重に物事を進めます。先ほど、ご紹介したゲンチアナの生育史には、それがあらわれています。

 

ゲンチアナの質がプラスに働いているときは、その慎重さが確実さ、確信、一貫性、信念へとつながります。これがマイナスに働いてしまうと、慎重さは疑い、信頼の欠如、ちょっとしたつまずきをきっかけに落胆、失望、落ち込みへと陥ってしまいます。

 

 

レメディとしてのゲンチアナ

バッチフラワーレメディを選択する基準は、もっとも表面にある否定的な感情です。その感情が生まれた原因はなんであれ、そのときにもっともはっきりと実感する感情です。これは誰にとってもわかりやすい方法です。

 

そしてレメディをとることで何が起こるのでしょうか?レメディは否定的な感情の反対側にある質を育てます。たとえば恐れの場合は、反対側にある安心を育てます。

 

ゲンチアナの否定的な感情は疑い、落胆、失望、信頼の欠如、そして落ち込みです。この反対側にある質とは何でしょうか?それは自分の運命に対する信頼、理解、そして楽観的な心持ちです。

 

目的を定めたなら、自分と自分の運命を信頼します。滞りに対しては理解を示します。変化に対しては楽観的な心を持ちます。進むことも退くことも、留まることも可能性のひとつです。

 

私たちにはさまざまな選択の可能性があります。

 

 

 

 


2020-12-31 | Posted in バッチフラワーレメディComments Closed 

関連記事