スクレランサス 優柔不断


 

バッチフラワーレメディ スクレランサス

画像はcommons.wikimediaよりです。

 

バッチフラワーレメディ 優柔不断

 

スクレランサス

  • 7つのグループ:内心の不確かさのグループ/優柔不断、ためらい、気持ちの揺れ
  • 英名:Scleranthus
  • 学名:Scleranthus annuus
  • 和名:シバツメクサ
  • 分類:ナデシコ科スクレラントゥス属
  • キーワード:優柔不断 ためらい 選べない 決断できない 考えが変わる 支離滅裂 気まぐれ せわしない 注意力散漫 集中力のなさ 落ち着きのなさ 移り気 気分屋 矛盾 思考の停止 立ちすくむ 動けない 混乱 不安定 後悔 感情の揺れ 弱い自我

 

 

バッチフラワーレメディとしてのスクレランサス

バッチ博士はフラワーレメディのスクレランサスについて次のように記しています。

「二つの選択肢がある時、一方が正しいように感じたかと思うと次の瞬間には、もう一方のほうが正しいように思えて、いつまでも決められないで苦しむ人。このタイプの人は、通常、物静かで一人で苦しみ、悩みを他の人と話し合いたがりません。」

『バッチ博士の遺産』(トゥエルブ・ヒーラーズとその他のレメディ 1936年)より

 

 

小さくて全体が緑の植物 スクレランサス

スクレランサスを観察して気づくことは全体が緑だということです。葉や茎が緑なのはもちろんですが、花も緑です。しかも尖った葉は茎との区別がつきにくく、その茎はあらゆる方向に伸びています。

そして花には花弁がなく5つの萼が花弁のように見えますが、それもなんとなく葉と茎の雰囲気に似ています。多くの植物にみられる葉と茎の緑の領域から、色鮮やかな花への変容はスクレランサスでは見ることができません。

全体をみるとまるで何かの「藻」のような、毛糸の固まりのような印象です。それはスクレランサスの「優柔不断」、そして「方向性のなさ」を象徴しているようです。

 

 

スクレランサスの効果

バッチ博士は「二つの選択肢がある時、一方が正しいように感じたかと思うと次の瞬間には、もう一方のほうが正しいように思える。」といっています。

このスクレランサスの「決められない、優柔不断」の特徴は、とても現実的な場面で起きていることです。現実世界、日常の場面です。たとえば日程を決めることができない、卵をゆで卵にしようか目玉焼きにしようか決められないなどです。

「決められない、優柔不断」がスクレランサスのマイナス面であるならば、プラス面は何でしょうか。「優柔不断」の反対側にある質は「臨機応変」です。複数の選択肢、多様な価値観、めぐるましい変化に応じる質は「臨機応変」さです。

「優柔不断」と「臨機応変」のちがいは一貫性と決断力です。そして軽さでしょうか。それらの大元にあるのは「魂の直感」です。自分の方向、順序、価値、そして行動です。それらの質をサポートするのがスクレランサスです。

 

 

現代はスクレランサスの時代?

今の世の中は一昔前と比べれば、文明は多様になり、便利なものも増えて、多くの価値観を見いだすことができます。それゆえしっかりと目覚めないと、先が読めない、どれも正しくみえるというスクレランサス状態になる可能性があります。「目覚めなさい、気づきなさい、意志を持ちなさい。」というスクレランサスからのメッセージを大切にしたいです。

 

 

 


2021-01-29 | Posted in バッチフラワーレメディComments Closed 

関連記事