オンライン素材学第1回 植物油脂について学ぶ

基材&手作り

こんにちは、マザーズオフィスの大山です。

先日、地元のサロンご利用のお客様に、

通販で買ったシアバターをスキンケア使ってみていて、とっても調子がいいのだけど、今の季節硬くて、溶けるまでザラザラするの。オイルに混ぜてクリームみたいにならないかしら?そんな風に使っていいのかしら?

と質問されました。そして、今度一緒に作りましょうか♪という流れになりました。

私自身もシアバターとオイル、ミツロウなどを溶かしてバームを作ったり、カカオバターを石鹸の材料にしたこともあって、手作り化粧品などにちょっと贅沢さをプラスするような感じです。

ただ、毎回柔らかさ、大丈夫かな?ドキドキすることもあったり、そもそもシアバター、カカオバターって何者なんだろう?どんな特徴があるんだろう?というところを突っ込んでみたら、これからもっともっと活用できるのにな。

と、日々思っているので、今回の、自然療法のためのオンライン素材学のクラスはまさにタイムリーで、本当に楽しみです!!

 

ご担当の手島先生にメッセージをいただきましたので、どうぞお読みください。

 

こんにちは。

手島佐枝子です。

桃の節句もすぎて、ますます春らしい季節になってきましたね。

さて、オンライン形式で開催の「自然療法のための素材学」、いよいよ3/23からスタートです!

 

第一回目は「植物油脂(主にButter類)」

植物油脂はアロマテラピーでは精油を希釈してトリートメントに、そして精油を使ったミツロウクリームの基材に…と必須の素材ですね。メディカルハーブでは浸出油に用いることが多いでしょうか。

…そう。むしろ、使い慣れている素材ですね。

そして当スクールでは、不動の人気クラスのひとつである「ベースオイル塾」もある。

植物油脂のこと、これ以上知る必要ってあるの!?…という声が聞こえてきそうですが、でも、この素材学で植物油脂を学ぶことで、その特徴をさらに上手に生かせるようになるのです!

“素材”としての“油脂”の性質、特徴も含め、“油脂”という存在を掘り下げていきます。

特に、常温で固体の油脂であるシアバターやカカオバターは、融点や凝固点、固体という形状とその質感などもとても特徴的。これまでよく用いてきたけれど、常温で固体のバター類については、ここでしっかり押さえていきたいと思っています!

今回は、自然療法のためのケアアイテムを作製するときには必ずしておきたい衛生面についても取り上げます。

自分や自分の身の回りの人たちに自然療法を実践する方はもちろん、ワークショップやセミナーで手作りのケアアイテムを実習で教えている方にもおすすめなクラス。

楽しく安全で、効果的で有意義な…、そんな自然療法を実践するために知っておきたいことをたくさん盛り込みました。

改めて、植物油脂と向き合ってみませんか?

 

  • 第1回  3/23 植物油脂(主にButter類)/ 衛生学
  • 第2回 4/6  水類 / 手づくりの心得
  • 第3回 4/20  ミツロウ(その他ワックス類)、はちみつ
  • 第4回 5/11  アルコール、グリセリン
  • 第5回 5/25  塩・重曹、酢・クエン酸
  • 第6回 6/15  米ぬか、ヨーグルト

各回毎のご参加、クレジットカードのご利用(PayPal)も可能です。

皆様にお会いできることを楽しみに、お待ちしております!

自然療法のための素材学オンライン


関連記事

最近の記事

TOP