ロックウォーター かたくなな理想主義者


 

バッチフラワーレメディ 完璧主義

バッチフラワーレメディ ロックウォーター

画像はウィキペディア湧水から

 

ロックウォーター

  • 7つのグループ:他人のことを気にしすぎるグループ:かたくなに理想や主義を追求、妥協しない
  • 英名:Rock Water
  • キーワード:理想主義 厳格さ 模範的 手本 目的意識 自己中心的 完璧さ 主観的 道徳的 柔軟性の欠如 原理原則主義 自己抑圧 自己否定

 

 

バッチフラワーレメディとしてのロックウォーター

 

バッチ博士はフラワーレメディのロックウォーターについて次のように記しています。

自分の生き方に大変厳格な人です。人生の喜びや楽しみは仕事の邪魔になるかも知れないと考え、それらを拒否している人のためのレメディです。自分にとても厳しく、健康で強く活動的でありたいと思い、そのためになると信じることは何でもします。人が自分の考えに従い、それによって、その人が向上するようなお手本になりたいと考えます。

『バッチ博士の遺産』(トゥエルブ・ヒーラーズとその他のレメディ 1936年)より

 

 

ロックウォーターは生命の水

 

ロックウォーターはバッチ博士が発見したフラワーレメディの中でも特に興味深いレメディです。まずこのレメディは植物を原料としていないことです。バッチ博士の38種のフラワーレメディのうち植物が原料でないものはロックウォーターだけです。ロックウォーターは「水=岩清水、湧水」です。

 

もうひとつ興味深い点はすべてのレメディには岩清水が使われていることです。バッチフラワーレメディをつくるときには、「それまで人間に触れられていない地下からの天然の岩清水(湧水)」を用います。この「水」はロックウォーターの原料です。

 

水は太陽の光と熱によってこの地球を循環します。地球に生きるものはすべてのその循環のなかにいます。その意味では水の循環は生命の循環そのものといってよいでしょう。

 

その水に触れることは私たちにとって生命のあり方に触れることになります。そのためバッチフラワーレメディの根底には生命の存在、生命の循環がそなわっていると言えます。

 

 

ロックウォーターの効果

 

ロックウォーターは私たちに生命のあり方そのものを伝え、生命を損なう振る舞」いや心の偏りを中和します。生命を損なう振る舞いとは、別な表現をすれば「私(生命)らしくない」ことです。

 

たとえば良いと思われることでも、それが過度に働くと「私らしさ」を損ないます。生命の循環、連続性、柔らかさを失います。

 

それは正しいこと、清らかなこと、理想的なことであってもそれが行き過ぎてしまうと、本来の正しさ、清らかさ、理想を損ない、生命のあり方から遠ざかってしまいます。

 

 

日常的にあらわれるロックウォーター

 

ロックウォーターの否定的な状態は「かたくなな理想主義者」です。ロックウォータータイプは良いと思うことを自分に課して、厳格にそれを守り実現しようとします。

 

実はロックウォーターはあまり人気のあるレメディとはいえません。自分自身のことを「かたくなな理想主義者」と思う人は少ないでしょうし、そもそも自分はそんな厳格さは持ち合わせていないと思われるかもしれません。

 

しかし、「私らしくない振る舞い」という視点で見直すと、たとえば次のような状態です。

 

  • 人前でカッコつけているとき
  • 目立とうとしているとき
  • 人から良い評価を受けたいと思っているとき
  • テストで高得点を取りたいとき
  • 良い親であらねばという思い
  • 他人の手本になりたいという思い

 

そんなときは普段よりも緊張して、硬くなり、思ったよりも自由に動けません。これはロックウォーターの否定的なあらわれです。

 

もし、そのような自分に気づいたときには、ロックウォーターのレメディを用いて、いつもの「私らしく」なり、正しさや理想と柔軟に関わり、水のもつ生命力、循環、流れ、受容性を思い出しましょう。

 

 

 


2021-04-26 | Posted in バッチフラワーレメディComments Closed 

関連記事