マリーアントワネットのホロスコープを読む 占星術アドバンスクラス

占星術

 

みなさんこんにちは、マザーズオフィスの大山です。

6月から占星術アドバンスクラスが始まりました。

このクラスは占星学とアロマテラピークラスを終了した方向けに(現在占星術の基礎知識を学んだ方でもご参加可能です)、占星術の部分の復習から少しステップUPしたところまで参加者の方々に合わせてテーマを決めていきます。

初日は出生図を読む復習から。

自身のホロスコープを読むのは、今までずっとやってきていますし、自分のことはよくわからなかったり、ある一方向からの視点に偏りがちなので、だれか別の方のホロスコープを使って練習しましょうということになりまして、今回急遽、フランス王妃マリーアントワネットのホロスコープを読んでいきました。

私自身は小学生の頃、少女名作シリーズの「悲しみの王妃」や、漫画や宝塚の舞台にもなった「ベルサイユのばら」、ミュージカルや映画の「マリーアントワネット」などなど、結構前情報は持っているつもりでしたが、それらは横に置いておいて、全く知らない個人のホロスコープを読むつもりで挑みました!

アセンダントから天体の惑星意識(月から順に)を一つ一つ読んでいくと、私たちが持っているイメージとは違う人物像が浮かび上がり、驚きます。

事実は同じであっても、見方が違うと、

本当はこんな風に生きていたのではないか

あの時はこんな気持ちだったのではないか

などなど、一人の人間としての理解が深まるような気がしました。

そして、マリーアントワネットは30代後半(火星期)にフランス革命で処刑されてしまいます。

火星より外側にある惑星 木星、土星の惑星意識は、生前に成長することはありませんでしたが、それで終わりではないかもしれません。

革命後の王政復古の時代や、誰もが知る王妃となっている現代と照らし合わせると、彼女の死後も、惑星の意識はしっかり存在しているかのようにも思えました。

たまたま読むことになった歴史上の人物のホロスコープからとても学ぶことが多いクラスとなりました。

もう一人やってみたい、ということで、2回目は、ロシアの女帝エカテリーナ2世を読みました、これもまたとても興味深かったです。

皆様も、ご自身や身近な方のホロスコープを読んだら、全く違う時代に生きた人たちのホロスコープを読んでみるのもオススメです。

人に興味を持つと、その時代の歴史や地理にピンポイントで(笑)詳しくなりますし、何よりも、今の常識とは違った見方ができる、これは人生においてとっても役立つことだと思います!

 

 


関連記事

最近の記事

TOP