素材と向き合う=自分と向き合う「自然療法のための素材学」

基材&手作り

 

 

みなさまこんにちは。

まだまだ大気が不安定な日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

今日は、春から始まった「自然療法のための素材学」クラスにご参加いただいた方よりとても嬉しいご感想をいただいたので、シェアさせてください。

中々自分自身のケアというのは後回しになってしまいがちですが、素材そのものを学び、向き合うことで、ご自身とも向き合われたのかな、と思います。

 

『仕事や家族のことにアタフタしているうちに、いつのまにか自分自身に向き合うことが面倒になってきて、後回しにするようになりました。
気付けば、いろんな体調不良が次々に現れ、「年齢的に…」とか「更年期特有の…」とか言われることにも慣れるほどになってしまいました。
そんなときに素材学の受講を決めて、全6回受講させていただきました。
毎回たっぷりの内容で、自分の勉強不足に反省することも度々でしたが、分からないことを調べ直したり、先生のレシピを実践しているうちに、
自分を自分で作っているような気持ちになったり、自分を支えているような感覚が生まれたりしています。
今まであまり意識していなかった素材をもっといろいろ試してみたい!と思うようになりましたし、好きな素材はもっと好きになりました。
素材の特徴や性質を知って、扱うコツをひとつひとつ掴みながら、これからも繰り返し実践していきたいと思います。
数年前に、手島先生の素材学で「米ぬか」を受講したときから、米ぬかのパックだけはずっと自分のために続けてきたことでした。
これからは米ぬかだけじゃなく、さまざまな素材と共に、心地よく、安心するひとときを楽しんでいきたいです。
長々と失礼いたしましたが、
たくさんの学びをいただきまして、ありがとうございました!』

 

 

素敵なご感想をありがとうございました!

素材学のクラスは9月から再スタートいたします。

今回も各回毎の受講が可能ですので、これだけ知りたい!というスポット的なご参加をしていただけます。

10月以降は、また日程決まり次第お知らせいたします。どうぞよろしくお願いします。

自然療法のための素材学 オンライン

9月期金曜 水類/手作り化粧品の心得 9/10 10:00-12:00 zoom開催
9月期火曜 塩 重曹 酢 クエン酸 9/28 10:00-12:00 zoom開催

 

 


関連記事

最近の記事

TOP