数秘術の仕組み

数秘術

 

 

数秘術の仕組みってどんなのだろうと思いを巡らしています。

先日、夢にちょっと出てきたことをまとめてみました。関心のある方、ご覧ください。その前に私が思う数秘術アウェアネスの大枠についてご紹介します。ところで猫の置物の画像はいつもお世話になっているふじのアートヴィレッジの「あっくん&アゲ猫」さんからです。感謝!

 

大枠

  • 数秘術では主に1から9までの数を扱います。
  • 数は文化、言語、民族を問わず私たちの在り方、生き方に深く関わっています。一人でいる時と二人、三人でいる時の心の有り様はそれぞれ異なります。
  • 私たちは数そのもののエネルギーと、数との出会いによって生じる私たちの内側のエネルギーを受け取ります。
  • 全ての人には、全ての数が備わっています。しかし、人によって縁の深い数と縁の薄い数があります。私たちの課題は全ての数と出会って、数がもたらすエネルギーを使いこなすことです。
  • 数秘術によって縁の深い数が示されます。だからといって縁の深い数のみを対象としている訳ではありません。人生においては全ての数が対象です。
  • 数秘術アウェアネスでは1から9といくつかのマスターナンバーを用います。しかし、それぞれの数に優劣があるという訳ではありません。それぞれの数は同価値であり、それぞれの質に応じたエネルギーを生じます。

さて、数秘術では計算式によっていくつかの数を導きます。それらは大きく二つのグループに分けます。

 

先天的な資質と後天的な資質

生年月日
ひとつは生年月日を基にした数です。私たちの生年月日は変更することのできない唯一のものです。多くの人にとって生年月日は個人的な「祝祭日」でありその数とは深い縁を結びます。

その数はもって生まれた「私らしさ」を生み出します。生年月日からもたらされる数は性格、傾向、そしてこの世で活かす才能といった私らしさを示す先天的な資質です。

姓名
二つ目は姓名を基にした数です。姓名=名前は誕生後に授けられるものですから、これは後天的な資質です。または婚姻による改姓や芸名など姓名は後から変更可能です。

これらは成長の過程や関係性、選択、環境などによって生じるその人が人生において果たすべきこと、心の在り方、印象などを示します。姓名を基にした数は基本的には後天的な資質ですが、一部に先天的な領域もあります。それは苗字です。家系という形で受け継げられる資質は先天的ということもできます。

 

数と縁

これは暦について調べていたときに気づきました。多くの数秘術は西暦(グレゴリオ暦)を採用しています。しかし世界の暦は西暦だけではありません。ユダヤ暦、イスラム暦(ヒジュラ暦)などがありますし、日本にも元号、旧暦と呼ばれるものがあります。暦が変われば生年月日も変わります。つまり数が変わるということです。さて…どうしましょう。

夢の中でピン!ときました。つまりこれは縁です。なんらかの方法で暦と私たちが縁によって結ばれるのです。だからどの暦が最も正確ということはなく、より縁が深いもの、その時に選択したものを用いれば良いのだと思いました。

特に現代では、多くの行事が西暦で表示されます。そのため日常的、現世的な領域を見るときには、より縁の深い西暦を採用することになります。もちろんこれはその人が属する文化によって異なります。縁が変わることになります。

 

数の濃淡 全体と個人

数秘術の計算式によって導き出される数には、それぞれに重要度や関わり方の違いがあります。数秘術では生年月日と姓名から引き出される数を基にしますが、やはり姓名よりも、先天的に与えられた生年月日の数の方が重要度は高くなります。

だからといってそれは絶対ではなく、その時々に何に重きをおいて生きるかによっても変わります。例えば人によっては、社会(周囲)から期待される人物像を自分自身の真の在り方だと思っている人もいれば、周りはどうでもよくて個人的な自分こそが真の自分だと思う人もいます。人は自分にとって使いやすい数を使うのです。それは年齢によっても変化するでしょう。

そのように見ると数秘術で扱う数は私たちの「素材」です。ですから数秘術では、私たちがどのような「素材」を持ち、それをどのように扱う可能性があるのかを見ます。

この記事は2019年に書いたものに加筆しました。(中安)

次回の数秘術アウェアネスクラス


関連記事

最近の記事

TOP