閉塞感 バッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディ

 

フラワーレメディで閉塞感から解放

感じたことありますか? 何か息苦しい、 閉じ込められたような感じ、 いてもたってもいられない。

 

なんとかしたいけれど、何をしたらいいか分からない、とりあえず部屋の中を歩く、でもそんなことは何の役にも立たない。

 

ここから出ていきたいけど、部屋から出てもどうにもならないことはわかっている。何か息苦しい…。

 

そんな感じです。原因がわかっている場合もあれば、原因不明のときもあります。何が原因なのか分からないけど、突然にどーんと落ち込む、そんな感じです。

 

 

38種のレメディで感情を表現する

バッチ博士はその生涯で、誰もが持っている否定的な感情をもとに38種のフラワーレメディを発見しました。

 

そこで人々は、今感じた「表面にある否定的な感情」につながるレメディを選び出し、それを用いることで否定的な感情の元となる魂の不調和をバランスさせます。

 

ところが人の感情は千差万別です。否定的な感情といってもさまざまです。いつも38種のレメディのひとつにぴったりと当てはまるわけではありません。そこでいくつかのレメディを組み合わせて、感情の微妙な色合いを表現することになります。

 

 

閉塞感のためのレメディ

閉塞感につながる基本的なレメディはゲンチアナ、ゴース、マスタードあたりでしょうか。同時にその感情の色合い、関連する要素も考慮するとさまざまなレメディが浮かんできます。いくつかのレメディを組み合わせて、より「表面にある否定的な感情」に近づけてみましょう。

 

  • インパチエンス…溜まっている仕事、迫る締め切り、能率の悪さにイラつき閉塞感を感じる。
  • ミムラス…ある事への苦手意識、気おくれ、恐れから身動きが取れなくなる。
  • アグリモニー…悩み事を手近な楽しみで紛らわせつつもどうにもならない自分に落ち込む。
  • セラトー…必要だと思って調べ始めたものの、余計にわからなくなり混乱する。
  • ゲンチアナ…ちょっとした出来事で落ち込み、その度ごとに息苦しさを感じる。
  • ロックローズ…どうにもならない閉塞感の中でパニック的恐怖を体験する。
  • ゴース…なかなか解決しない問題のためもうダメだと思い込み諦めている。
  • オリーブ…心身ともに疲れ果て、もうこれ以上は動くことができない。
  • ワイルドオート…人生を大切に思い、何かを成し遂げたいと思いつつそれが何かわからない。
  • エルム…与えられた課題、仕事の責任感から身動きが取れない。
  • アスペン…何かわからないが、恐ろしく息苦しい。
  • ラーチ…自分は劣っている、失敗したくないという思いに縛り付けられている。
  • ホーンビーム…これからのことを考えるとぐったりと疲れうずくまってしまう。
  • ウィロー…頑張っているのになぜ自分だけがこんな目にあうのだろう。もう嫌だ。
  • クラブアップル…完璧に成し遂げたい、でもそれがとても途方もなくて自己嫌悪。
  • ウォルナット…いろいろなしがらみに消耗し身動きが取れない。
  • スターオブベツレヘム…ショックな出来事があり閉塞感に陥る。
  • ホワイトチェストナット…繰り返し閉塞感におそわれる。
  • パイン…罪の意識、罪悪感、自罰的意識に襲われ息苦しい。
  • ワイルドローズ…閉塞感のなかで無気力になる。
  • マスタード…突然に落ち込み、どうにもならないと思う。
  • スイートチェストナット…究極の絶望の中、身動き取れず苦悶する。

 

バッチフラワーレメディの基本的な使い方

フラワーレメディは市販のストックボトルからと、遮光性のビンを使って作るトリートメントボトルからの使い方があります。トリートメントボトルでは7種類までのレメディをブレンドすることができます。詳しくはバッチフラワーレメディ基本クラスへ。

  • ストックボトル(市販のレメディボトル)…1回につき2滴以上
  • レスキューレメディ(市販の5種類のレメディ混合液)…1回につき4滴以上
  • トリートメントボトル…1回につき4滴以上
  • 以上のいずれかを1日4回以上、できれば2週間以上続けてください。

 

フラワーレメディについて詳しく学びたい方へ

オンライン バッチフラワーレメディ基本講座 全1回

1回2.5時間、オンラインによる授業でバッチフラワーレメディの全体像、使い方、選び方など基本的なことを学びます。テキスト付きです。

 

オンライン 38種のバッチフラワーレメディクラス 全10回

38種のフラワーレメディを1回につき3から4種類を取り上げて、その特徴、感情のあらわれかた、振る舞いや口癖、原料植物の観察、そして毎回フラワーレメディに関するトピックスをご紹介しています。例えば、「なぜ花?」「植物の形」「レメディ製造法」「コンサルテーションについて」などです。全部で10回ですが、1回ごとの参加も可能です。テキスト付きです。

 

 


関連記事

最近の記事

TOP