ロッキングテクニック 基本5

ロッキングテクニック

 

 

腕のロッキング

 

今回は仰向けでおこなう腕のロッキングテクニックを取り上げます。腕は体のなかで最も動きの自由度が高いところです。同時に心や感情とのつながりが深いところでもあります。そのため心が軽いときには、腕も羽のように軽く、心が重く感情の滞りがあるときは肩から腕、そして首までも重く感じられます。

 

腕には肩、肘、手首、指などたくさんの関節があるので、ロッキングテクニックではさまざまな可能性があります。今回はトップにあげた画像のようにシンプルに手首からブラブラと腕を揺らしてみましょう。

 

手首の重さを感じながら持ち上げる

 

受け手の腕を持ち上げるときには、いつもその腕の重さを感じながら持ち上げます。降ろすときは重さと共におろします。これはロッキングテクニックの基本です。

 

もし持ち上げようとしたときに、重さを感じなかったら、それは受け手がコントロールを手放していない現れです。これも「抵抗」のひとつですから、その時には抵抗が現れない程度の小さな動き(範囲)で持ち上げ、ポーズ(小休止)を何回か繰り返します。

 

時には、肩から指先に向けて、腕の形を感じるように手の平でさする(軽擦法)ことも役立ちます。軽擦法は受容的な技術ですから、受け手に安心感を伝えることができます。

 

重さを感じることができたなら、さら腕全体を持ち上げます。そのときに受け手の肘、肩のもっとも抵抗のない角度、速度、ルートを感じながら持ち上げます。そのときに「もっとも抵抗のないルートってどこだろう?」または「もっと簡単に動かすにはどうしたらいい?」と問いかけながら、持ち上げてみてください。

 

これは頭で考えることではないです。「問いかけ」は私たちの体から智恵を引き出してくれます。これはボディワークのマジックのひとつです。

 

大切なことは、自分の感覚を信頼することです。「信頼」はワークを一歩前に進めます。

 

手首や肘の関節のつながりを感じる

 

手首から持ち上げ始めると、重力とともに手首や肘の関節のつながりを感じ始めます。そのつながりの質感に興味を持ってください。そのとき「手首のつながりってどんな感じだろう?」と自分自身に問いかけてみるのも良い方法です。

 

途中で抵抗を感じたなら、重さとともに腕を床(マッサージテーブル)に戻してポーズ(小休止)をとります。そしてまた同じことを繰り返します。手を持つところを手首から手のひら、手指と変えてみると、少し細かな関節のつながりを感じることができます。

 

重さを感じながら、重さを揺らしてみる

 

腕を十分に持ち上げたなら、腕の重さを感じながら、重さを揺らしてみましょう。小さく、ゆっくり探るように揺らし始めます。もしそこに自由な感覚、スペースを感じたなら、その範囲に合わせて数回、揺らします。そして重さとともに腕をおろして、再びポーズをとります。揺らす感じは「ロッキングテクニック 基本2」でご紹介したけん玉のことを思い出してください。

 

肩の関節を探る、感覚に留まる

 

なんとなくコツがわかってきたら腕を持ち上げながら、肩の関節の様子を探ってみましょう。「肩はどんな感じだろう?」と問いかけます。もし抵抗を感じたなら、受け手の様子を見ながら、もっと小さな動きを行ない、そしてポーズをとります。抵抗があるときほど、小さな動き、たくさんのポーズをとります。

 

腕に自由な動きとスペースを感じたなら、その感覚をよく味わいましょう。急ぐ必要はないので、その感覚に留まりながら動きを感じます。そうすると受け手の方も同じように動きを感じることができます。ポーズをとって「いかがですか?」と受け手に質問することも良い方法です。

 

今回は腕のロッキングテクニックを紹介しました。文章にすると長々としたものになってしまいますが、実際はすごくシンプルです。重さを感じながら腕を揺らして、体に波を送ってみましょう。中安

 

関連クラス

 

 


関連記事

最近の記事

TOP