ロッキングテクニック 基本6

ロッキングテクニック

 

 

おなかのロッキング 組織をひとつにする

 

今回はお腹(=腹部)のロッキングテクニックの紹介です。これは受け手が仰向けのポジションのときに、お腹から全身を揺らす技術です。ここではロッキングテクニックの大切な基本技術の組織を「ひとつにする」ことが入っています。

 

中身をひとつにする「はんぺんの手」

 

お腹は骨に覆われていません。外の世界に解放されています。お腹は脳と同じくらい大切なところなのに、脳のように骨に覆われていません。大切なところなのに解放されていることに、ちょっとした不思議を感じます。

 

お腹にはさまざまな内臓がおさめられ、さらに体にとって重要な筋肉もあります。なぜならお腹は体の中心だからです。お腹は体の要です。そして視点を変えれば、お腹の裏側は腰なので、お腹を揺らすことを腰を揺らすことになります。さて、今回はそのお腹を揺らします。

 

お腹のロッキングテクニックはお腹をひとつにまとめることから始まります。お腹をひとつにまとめるために必要なものは柔らかな手です。この柔らかな手のことをクラスでは「はんぺんの手」と呼んでいます。そうです。あの食べ物の「はんぺん」です。何故、はんぺんなのかと言うと、それははんぺんのように柔らかく、まるで中に骨がないように、ペタッとお腹に密着する手の例えとして使っています。

 

はんぺんの手とは、どこにも片寄ることなく、ペタッと「面」の感覚で体に触れる手です。そこには個別の意図(片寄り)もなく全体的に、柔らかくその部分と繋がります。

 

ロッキングテクニックも含めて、マッサージなどで受け手の体をとらえること、体とつながることを行いますが、この「つながる」ことの最も大切なことは「面」です。

 

とらえることを「力」で行おうとするとそれはしばしば体の表面に限定されてしまいます。とらえるためには力ではなく「面」で行います。手の平を使ってなるべくたくさんの面で体に触れます。

 

体はさまざまな曲線で出来上がっているので、手の平が作る面は、体の曲線にピッタリと密着する必要があります。その時に必要になるのは手の平の柔らかさです。その柔らかな手のことをはんぺんの手と呼んでいます。

 

ロッキングテクニックでは、はんぺんの手を使ってお腹をひとつにまとめます。ひとつにまとめるとは、表面だけでなく、お腹の中身も一緒にひとつのまとまりにすることです。

 

全身との繋がりを感じる

 

ひとつにまとめたお腹を揺らします。この時、全身の繋がりを感じながら揺らします。別の表現をすると、お腹をハンドルにして、お腹から全身を揺らします。そのためには手の平で上半身と下半身の繋がりを感じとる必要があります。

 

その時、イメージを使って「上半身と下半身の繋がり」をリアルなものにします。それは頭から足までを長いパスタの束だとイメージします。

 

そしてそのパスタの束を真ん中あたり(お腹)でひとつにまとめて、バスタの上下の繋がりを感じ取りながら、揺らします。揺らす動きがつくるバスタのしなりを感じましょう。

 

数回、お腹から揺らしたらポーズをとります。ポーズとは小休止のことです。お腹から手を離し、一歩引きます。この何もしない瞬間に揺らした余韻、その波紋が全身に響きます。ロッキングテクニックのもっとも心地よい瞬間です。

 

いかがでしょうか。お腹のロッキングテクニック。お腹から全身が緩みます。腰も楽になります。以前の自然療法ブログにも「ロッキングでおなかを揺らす」をアップしているので、そちらも参考にしてください。中安

 

関連クラス

 

 

 

 

 


関連記事

最近の記事

TOP