38種のバッチフラワーレメディクラスとは

バッチフラワーレメディ

 

38種のバッチフラワーレメディクラスで学ぶこと

38種のバッチフラワーレメディクラスはバッチ博士が作り上げた38種のバッチフラワーレメディをおおよその順番で学ぶクラスです。

「おおよその順番」というのは、バッチ博士はレメディの発見順序を公式には発表していないからです。

そこで長年バッチ博士の助手を務めたノラ・ウィークス氏が著した『エドワード・バッチ心を癒す花の療法』を参考にしておおよその順番を定めました。

クラスではもちろん、ひとつ一つのレメディについてくわしく学びます。例えばそれは次のような項目です。

  • レメディの特徴と代表的なキーワード
  • バッチ博士による説明
  • 感情の傾向とあらわれ方
  • 代表的な表現と口ぐせ
  • バランスが取れた状態
  • 植物の特徴
  • 7つのカテゴリー
  • 関連のあるレメディとの使い分け
  • 他のレメディとの組み合わせ
  • その他

そして

 

発見順序に従って学ぶことの面白さ

発見順序に従ってレメディを学ぶことでいろいろな発見があります。

バッチ博士は自らの体をセンサーにしてレメディになる植物を探したことはよく知られています。

いくつかのレメディは発見当時のバッチ博士の心身の状態を反映しているものもあり、当時のバッチ博士の様子を知ることはレメディの働きを理解する上での参考になります。

また38種を発見順序に従って学ぶことで、その順番から浮かび上がってくるレメディの傾向を知ることができます。

例えば前半に発見されたレメディからはどちらかと言えば「原初的」な印象やシンプルな感情体験が感じられます。

イライラ(インパチエンス)、恐れ(ミムラス)、夢みがち(クレマチス)などです。

それに対して後半、特に1935年に発見されたレメディは、テーマが具体的であり、ある特定の瞬間の感情体験という印象があります。

愛する者への過度な心配(レッドチェストナット)、過去の思い出に耽る(ハニーサックル)、苦悩の極致(スイートチェストナット)などです。

また真ん中あたりには、ロックウォーター(頑なな理想主義者)のように植物以外のものがひとつ入っていることも興味深いです。

 

38種のレメディをひとつのものとして理解する

1種類のレメディをくわしく学んでいると、「これってまさに私のためのレメディかも」と思うこともしばしばです。

それは特別なことではありません。

実は38種のレメディが示す「感情」は、私たちの中にすべてあると思ってよいでしょう。

38種の感情が私たちの中に大なり小なり何らかの形で存在しているからです。だからこそ、一つのレメディを深く知ることで、自分の中の関連する感情が浮かび上がってくるのです。

そんなことから、38種のレメディを通して学ぶことは、「人間」そのものについて学ぶことと言ってもよいでしょう。

 

それぞれのクラスで紹介するトピックス

38種のバッチフラワークラスでは、それぞれのクラスでレメディに関わるトピックスを取り上げます。

  • 例えば次のようなものです。
  • なぜ花なのか
  • 植物の形とレメディ
  • 太陽法と煮沸法
  • 病気の原因(バッチ博士の哲学)
  • 四大元素と植物
  • 7つのカテゴリー
  • ロックウォーター以降
  • コンサルテーション
  • その他

これらのトピックスを取り上げることで、バッチ博士が作ったフラワーレメディへの理解を深め、レメディの選択を容易にするでしょう。

38種のバッチフラワーレメディはオンライで開催されています。初めての方は基本クラス(2.5時間)からの参加をお勧めします。

すでに基本的なことはご理解いただいる方であれば38種のバッチフラワーレメディからご参加ください。

 

フラワーレメディについて詳しく学びたい方へ

オンライン バッチフラワーレメディ基本講座 全1回

1回2.5時間、オンラインによる授業でバッチフラワーレメディの全体像、使い方、選び方など基本的なことを学びます。テキスト付きです。

 

オンライン 38種のバッチフラワーレメディクラス 全10回

38種のフラワーレメディを1回につき3から4種類を取り上げて、その特徴、感情のあらわれかた、振る舞いや口癖、原料植物の観察、そして毎回フラワーレメディに関するトピックスをご紹介しています。例えば、「なぜ花?」「植物の形」「レメディ製造法」「コンサルテーションについて」などです。1回2.5時間、全部で10回ですが、1回ごとの参加も可能です。テキスト付きです。

 

オンライン バッチフラワーレメディクラス説明会   申込制

オンラインで行うバッチフラワーレメディ関連クラスの説明会です。クラスで学ぶことなどをお話しします。申込フォームからご都合のよい時間枠をお選びください。時間は20分から30分程度です。

 

 


関連記事

最近の記事

TOP